予備校で働いていた慶應生が語る、合格する受験生に共通する4つの資質

予備校で働いていた慶應生が語る、合格する受験生に共通する4つの資質

現役慶應生が合格する受験生の共通する4つの資質について語ります。①志望校がある程度決まっている。②自分の位置を客観視できている。③自分で考えることができる。④ブレずに学習できる。の4点を挙げて、1つ1つに解説を加えています。勉強を始めたばかりの人、成績が伸びない人必見です。

みなさんこんにちは。
慶應商学部の4年生です。
私自身は予備校で4年間生徒指導をしていました。自分の校舎の生徒の指導もしていましたし、他の校舎との交流もあったので数多くの受験生を見てきました。そう言った経験もあって「多分この生徒は受かるだろうな」「この生徒は多分受からないだろうな」と思うことがよくありました。
もちろん、模試の成績や学校での順位というのも大きな指標となることは確かですが、「受験勉強への態度」というのも大きな要因になるのだな、と思っています。

本日は合格する受験生の持っている資質を大きく4つに分けて紹介したいと思います。
これから受験勉強を始める人、もしくは勉強しているつもりだけど成績が伸びてこない、と思っている受験生は是非参考にしてみてください。

⑴、志望校がある程度定まっている。

大前提として、目標があるかないかは大きな違いだと思います。受験勉強はやはり辛く出来ることなら誰もやりたがらないもので、目標がないまま漠然と勉強し続けることは不可能でしょう。

「なんとなく早慶いければいいかな」などと考えている人は、多くの場合、早慶に合格せず、滑り止めもしくは滑り止まることもせず受験を終えてしまいます。

とは言っても志望校をただ一つに決めてしまう必要があるかと言うと、そこは微妙です。
志望校を決める大きな理由は「自分のモチベーションを保つため」ということなので、自分がモチベーションが保てるレベルで納得感のあるものなら良いかと思います。
例えばですが

・日本を根幹から支える官僚の仕事に就きたいから東大文Ⅰに入りたい。

と明確に大学時代からそれ以降にやりたいことから、逆算して大学を選ぶ高校生も少ないながらいると思います。そう言った高校生の多くはやはりモチベーション高く学習できています。

またそこまで明確な場合でなくとも

・学校の風潮的に早慶以上に行くことが当然だから早慶以上には絶対に行きたい。
・憧れの先輩が国立の医学部に入ったから自分も後を追いたい。

と考えている高校生も多いでしょう。こういった場合も、「もし自分がこのラインを達成できなかったら浪人しよう」くらいに思えている高校生であれば、この部分のモチベーションについては問題ない、と思います。
逆にいうと「まぁ落ちたら別に受かったところに行こう」と思っている高校生がその希望を叶えることは難しいでしょう。

⑵、自分の位置を客観視できている。

次に大切なのはここです。
自分の位置、言い換えてしまえば「志望校と自分の実力はどれだけ乖離しているのか」ということでしょう。
ここがうまくできていないと、合格はありません。

合格する人たちは、自分の現状の成績はこれくらいでその上で志望校はこのくらいの難易度だな、ということをしっかりと把握した上で学習しています。
大学受験は高校や中学受験とは異なり、全国規模での戦いになります。例えば早稲田大学だと、受験者数は学部によっては一万人以上、倍率は10倍を超えてきます。
全国の受験生たちの中で優位に立つためには井の中の蛙ではなく、全国規模の絶対的な自分の立ち位置を知ることが重要だと思います。

⑶、自分で考えることができる

自分の位置を客観視した上で、自分自身で戦略をとることができることも1つの共通点でしょう。
自分で考えるというと例えば以下のようなことがあるかと思います。

・客観的な立ち位置を把握した上でいつにどのようなスケジュールで学習するか。
・学校の勉強と塾の比率をどうするか
・参考書はどれを使うか。
・科目別の勉強法はどうするか

大切なのは「自分に合う情報か、合わない情報であるかを取捨選択すること」だと思います。
先輩や学校、塾の先生からのアドバイスはもちろん聞くことは大切です。しかしながら全てを鵜呑みにすることは決してよくありません。

人によってあった勉強法、参考書というのは必ず存在します。そして、自分自身のことを一番知っているのは自分です。多くの情報を取り込み、その中で自分に落とし込み選択する、そう言った主体性を持っている高校生はやはり成績も伸び、結果的に志望の大学に合格しているような印象を受けます。

⑷、ブレずに学習する。

上記3つを満たした上で、最終的にはやはり学習を継続する人が合格していきます。
自分で決めたことは意思を持ってやり遂げる能力は辛い受験勉強をしていく上で非常に重要な資質でしょう。

更に踏み込んで話すとそういった人たちは「やる気が起きない時でも学習するための環境をつくる」ことが非常にうまいと思っています。

多くの受験生は計画を立てた時、新しく塾に入った時、参考書を買った時、などモチベーションが上がる瞬間、勉強を頑張ろうと思う瞬間は勉強を頑張ります。しかしながら、勉強をしていると、遊びたくなったり、漫画やテレビに逃げたくなったり、眠くなったりと多くの誘惑が襲ってきます。やる気もその分低下していきます。

やる気が低下した時も鉄の意思で学習を継続できればいいですがそう上手くいく受験生も多くいません。
私が見ていた生徒だと、

・モチベーションが上がる本や言葉を持っておく。
・友人と一緒に自習室に来る。
・自分がみたい番組に合わせて、それまで学習する。
・部活後だと集中できないから朝先生と約束して学校の図書館に行く。
・目の前に志望校の赤本を置いておく。
・紐等で体を椅子に縛って逃げられなくする。
・毎日やることを決めて机の前に貼り出す。

というように自分が学習から逃げられない環境を作っていました。もちろん、紐で縛るなどは極端な例ですが、やる気が起きない時に勉強できるかどうか、ということが受験勉強においては非常に重要です。

まとめ

上記4つの資質をまとめると

「志望校を持ち、自分の立ち位置を客観的に判断した上で、合格するための方法を自分で考え、コツコツや

っていく」
という高校生が合格して行くということです。

文章にしてしまうと非常に簡単な話ではありますが、これがむずかしいのも確かです。

受験勉強を始めた高校生、もしくは受験勉強しているつもりだけど成績が伸びてこない、という高校生は是非とも、自分自身どの資質が足りていないかを客観視し、その上でこの記事や他の情報を参考にどうやったらいいのかを自分で考え、コツコツと埋めていただければと思います。

関連する記事

この記事のキーワード

この記事のライター

Thumb b0beae47 b463 4be7 85c1 38fa551bf1fc

いまいける

慶應商学部の4年生です。 予備校で4年間、受験生の受験相談に乗っていました。 勉強法からモチベーション管理系、志望校の選び方まで幅広く高校生の皆さんのためになる記事を書けたらと思っています。ぜひ参考にしてください。

カテゴリー 一覧