世界史を体感する!現役早大生による「荒巻の新世界史の見取り図」のススメ

世界史を体感する!現役早大生による「荒巻の新世界史の見取り図」のススメ

こんにちは、早大文学部2年生です。
世界史といえば暗記ですが、流れが分からないと暗記も上手くできませんよね。
教科書は少し頼りない、もっと良い「流れのわかる本」はないだろうか?そう思う方多いと思います。
今回紹介するのは、正にそんな人にうってつけの一冊。私自身の勉強法と成績の推移も合わせてご紹介いたします。

こんにちは。早大文学部2年生です。
本日は、僕が受験生時代大いに助けられた参考書「荒巻の新世界史の見取り図 上巻 中巻 下巻」を
ご紹介したいと思います

この参考書の特徴

「荒巻の新世界史の見取り図」の特徴は、その文量の多さもさることながら、著者荒巻先生の独自の着眼点が色濃く内容に反映されているところです。
ところどころに、イラストや地図がプリントされていますが、中身は文章がほとんどです。そしてそれらの文章は、「世界史を本当に理解する、世界史から得られるものを最大限得る」をテーマに書かれているため、受験のためだけの参考書とは言えません。
例えば、荒巻さんは随所に読者に向けた質問をしてきます。これらの質問は、まだ解明されていないことだったり、しっかりと本書を読んでいれば気づけるものばかりです。そのため、情報の押し付けにならず、考えながら読む工夫ができるようになっているのです。

この参考書の長所・短所

長所

「世界史の見取り図」をうたっている参考書だけに、用語だけにならずしっかりと用語の背景を教えてくれます。また、入試に必要なポイントを押さえつつ、荒巻先生からの質問や、世界史に取り組む上でのアドバイスが盛り込まれているので、単純に読み物としても面白いと思います。また、これらの質問やアドバイスは細目に知識をまとめる助けになりますので、文量が多いとはいえ十分に理解できる仕組みになっています。

短所

この参考書は「上・中・下」の全部で3冊からなる参考書シリーズなので全部読むとなると、とてもではありませんが量が多いです。また、要点だけを押さえている単語集や用語集とは違い、流れを抑えるためのものなので一朝一夕で理解できるものではありません。

この参考書をオススメするレベル

世界初心者から、上位私大、国公立志望者まで幅広くオススメのできる参考書です。
量が多いので直前期からではなく、なるべく長いスパンで使うことをオススメします。

実際に著者が使っていた時期と成績の推移

私自身の使っていた時期、成績の推移を示しておきます。参考書を選ぶときの参考にしてください。

時期

高校3年の6月から直前期まで。ご飯を食べながら、お風呂に入りながら、寝る前にすこしだけ、とスキマ時間を見つけては読んでいました。

成績の推移

《使用前》
高校3年6月 東進 センター試験模試 36点
《使用後》
高校3年1月 センター試験本番    84点

一気にまとめて読むのではなく、コツコツと長く続けて読むことをオススメします。

この参考書を使ったおすすめの勉強法

「見取り図」を読むぞ、と大きく時間を割くのではなく、スキマ時間を見つけて読むようにしていました。
食事の時や、お風呂に入る時、寝る前はもちろん、やる気が出ない時には「見取り図」を読んで、やる気を取り戻しながら世界史の流れを頭に叩き込んでいました。
「一問一答」などの単語集を併用することで、「見取り図」を読みながら知識の再確認もしていました。

最後に

いかがでしたか。
学校で使う教科書を始め、世界史の流れを扱う参考書は数多くあります。その中でも「荒巻の新世界史の見取り図」は群を抜けて、世界史の面白さを伝えてくれています。自分はどういう参考書が読みやすく感じるのか、何のために参考書を買うのか、今の時期に必要な参考書はどれか、ぜひともこのレビューとともに悩んでみてください。

関連する記事

この記事のキーワード

この記事のライター

Thumb 4aac65a1 3e1b 47bf 8328 6dfb870fa1a5

HayaSick

早稲田大学文学部の2年生。 偏差値54の公立高校卒。 センター英語50点スタートで一年で早稲田受かりました。 「大学受験で一発逆転したい!」そんな方のお力になれると思います。 また、予備校での指導経験あります。 どんな奴が一発逆転できるのか、もしくは出来ずに挫けてしまうのか そんなことを皆さんにお伝えできればと思います。 根性論大好きです。 人生において、なかなか頑張れる機会は多くないと思います。 頑張ろうと思っても、頑張る舞台がなければ人間頑張りにくいものです。 受験はそんな数少ない「頑張る舞台」です。 人生をかけた最高の青春だと思います。 一緒にがんばりましょう

カテゴリー 一覧