なぜ大学受験を乗り越えて難関大学に行かなければならないのか。

なぜ大学受験を乗り越えて難関大学に行かなければならないのか。

「なぜ大学受験を乗り越えて難関大学に行かなければいけないのか」この質問に、こうだ!と答えられる高校生は少ないように思います。その問いに私たちtuteeはこのように考えているということをまとめました。迷える高校生、ぜひ読んで欲しいと思っています。

「なぜ受験をしないといけないのだろうか」
「なぜ有名な大学に行かなくてはいけないのだろうか」

こう言った疑問を持つ高校生は少なくないと思います。またこのような疑問を持っていなくても、この問いに対して、こうである!と答えられる高校生も同様に多くはないと思います。

加えて大学受験に対しては批判が多く、改革されようとしていることは事実です。特に詰め込み型で偏差値一辺倒の試験であるということに対しては多くの批判が集まっており、最近では早稲田大学がA0&推薦入試で定員の6割に拡大する、という発表もしています。

本日は「なぜ大学受験を乗り越えて難関大学に行かなければならないのか。」ということについて私たちの見解を示していきたいと思います。

大学受験の利点

①点数のみで評価が決まるフェアな競争

大学受験は基本的に試験日の同日同時刻に同じ問題を同じ会場で受験し、その結果のみで合格の判定をします。出生や他の能力、友人関係などは一切関係ありません。ただ、「合格に価する学習をしてきたか否かということが問われています。」
こう言った完全に個人の努力が報われるフェアな競争は、今後ないと言っても過言ではありません。就職活動やそれ以降の仕事の世界でも、個人の努力ももちろん関係してきますが運の要素も強くなっていきます。
自分の置かれている環境がどうであれ、自分自身の努力次第で結果をよくすることができるのです。

②範囲が決まっている

先のフェアな競争という部分に被る部分もありますが、これも特徴の一つでしょう。
大学受験には範囲が決まっています。難関大では一部教科書範囲外の知識も出題されることはありますが基本的には「高校3年間で履修するもの」つまり文科省が定めた学習指導要綱の範囲に沿って入試問題が作られます。
範囲が決まっているため、やればやった分だけ成績を伸ばし、希望の大学に行くことができます。

③自分の将来に向き合うことができる

大学受験では全国津々浦々の大学を選択肢として持つことができます。また大学、学部によって今後の人生の方向性は大きく変わっていきます。文系、理系はもちろん、専攻によって将来の職業の方向性は決まっていくでしょう。
自分自身は文系理系に行くのか、どの学部に行くのかという納得出来る志望校を決める上では、自分の将来のことに向き合う必要があります。
中学選び、高校選びは親からの影響、偏差値、家の近さなどが大きなウェイトを占めると思っています。ほとんどの場合将来ベースで考えることはないのではないでしょうか。
そういった点で、大学受験を臨む時に、多くの高校生は将来と向き合うことができるのではないでしょうか。

大学受験の欠点・批判

①出生によって格差が生じる

出生によって格差は生じることは確かあり、親の世帯収入が受験勉強にかけられる額に影響してくることは間違いないと思います。
下記サイトでは東大生の親の平均年収が取り上げられていますが、およそ1000万円程度であるようです。

もちろん、予備校や進学校に行っても、合格するかどうかは本人の努力次第の部分が大きいことは確かですが、やはり良い環境に身を置いた方がよい結果を生むこともできるでしょう。
また難関大学の多くは基本的に首都圏に集中しています。首都圏に住む高校生の方が、そういった大学生と触れ合う機会も多く受験勉強のモチベーションを保つことができるのではないかと思います。

②実社会で使える知識ではないという批判

「数学の知識、物理の知識などは社会に出ても使わない」
「日本の英語教育は間違っている」
「詰め込み型の社会の暗記になんの意味があるのか。」
こういった批判も多くされています。
実際社会に出ると、こういった知識以上に、周りの人々とどのように付き合っていくか、どういったリーダーシップを発揮していくのか、ということも重要視されてきており、いわゆる「知識偏重型」の教育に対する疑念の声が各所で上がっているようです。

tuteeの考える大学受験で難関大学に行く意義

tuteeの考える大学受験で難関大学に行く意義
上記であげた利点、欠点や批判も含めて私たちtuteeは

「大学受験とは将来への投資である」

と考えています。
さらに言うと、将来への投資というのは①自分自身の能力を高め②よりよい環境に行く、という2つの要素があると考えています。

①自分自身の能力を高める

基本的な問題解決能力や学習方法を得ることができるのではないでしょうか。
大学受験で合格するための方法は

目標を設定する→目標までの距離を適切に図る→その距離を越えるための戦略を策定する→戦略を短期スパンで落とし込む→日々実行する→進捗を確認し修正する

というサイクルを取り続けることです。この方法論はスポーツや就職活動、ビジネスなど様々なシーンでの問題を解決する時の基本的な思考方法です。こういった問題解決能力、また日々実行するところの自分なりの勉強方法等も含めると、一生使える思考方法を確立することができ、それは自分自身の人生の幅を広げるための有用な財産となるのではないでしょうか。

また先ほど大学受験の欠点、批判であげた「知識偏重型」の教育に対する疑念についても私たちの意見を述べたいと思います。

もちろん、高度な数学の知識、英語の知識を必要としない仕事もあることは確かです。
ただし、高給取りと言われている仕事においては、必要とされているのです。
例えば高給取りとして有名な、商社や金融の仕事においては
①高いレベルの国語力(情報処理能力に加えて、高いレベルの伝達能力)
②世界を相手にビジネスするため外国語の運用能
③金融なら高いレベルの数学理解力も必要
等が必要とされてきます。

また理系に進んだ場合でも
①高いレベルの国語力(情報処理能力に加えて、高いレベルの伝達能力)
②論文等を読み込み、学会で発表するための外国語の運用能力
③研究の前提知識となる理数科目の基本知識

もちろん、リーダーシップ、人との関わり方が大切であることに間違いはありません。しかしながら、仕事が始まると、そのようなスキルの前提に、様々なことをインプットする必要があるのです。そして、そういったインプットを支えるための知識の1つに大学受験で学ぶような各科目の学習があるのです。

②より良い環境に行く。

よりよい環境に行くことで将来のリターンが大きいと考えています。

文系の場合、多くの方がする就職活動では「学歴フィルター」というものが存在し、人気企業だとMARCHレベルの大学でも面接にすら行くことができないことも多々有ります。また下記リンクも参考に、難関資格を取るにも難関大学が上位を占めています。

逆に理系の場合だと、学部を選んだ時点である程度の専攻分野は決まっており、難関大学である方が研究環境、つまり施設や教授陣のバックップが強い可能性が高いといえます。同様に自分を刺激してくれる学生も多くいるでしょう。

また文系理系問わず、やはりリターンの大きな要素としては年収も含まれるでしょう。

上記サイトを見ると、特殊な技能をつけられる大学を除けば、上位10校中9校は国立大学が占めるという結果になっています。もちろん、年収が全てではないことは確かではありますが、要因の一つとなることは間違いないと考えています。

文系にしろ理系にしろ、よりよい環境で自分自身が過ごせば、その分投資した分のリターンが大きくなる可能性が上がることは間違いありません。

その中でのtuteeの役割

さて、上記のように

「大学受験とは将来への投資である」

と考えていると述べてきました。
しかしながら、先にも述べたように、「出生、地域による格差」というものは解決されていません。
本当の意味で公正な競争ではないのです。
そこで、勉強をしたい、いい大学に行きたい、そう思っている受験生に情報を提供し、より公正でフェアな受験競争を推進していくことが私たちの役割だと考えています。
「東大、早稲田、慶応に行きたいけど、どんな勉強をしていいのかわからない」
「受験の情報がなくて、自分の受験勉強が不安だ。」
「志望校選びをしているけど、どこの大学でどんな差があるんだろう」
こういった受験生は多くいると思います。そう言った受験生の皆さんにとって、有用な情報を現役の難関大生が発信していきますので、是非とも参考にしていただければと思います。

関連する記事

この記事のキーワード

この記事のライター

Thumb a9345ddb 37c3 4f76 8eb3 0229ab647b8d

Tutee 編集部

受験勉強に関するあらゆる情報をオープンにすることで、公正公平な受験競争に貢献したいと考えています。進学校や有名予備校だけが知っている情報や勉強方法、モチベーション管理などの方法についてオープンにしていければと思っています。

カテゴリー 一覧