センター6割から1年間で慶應義塾大学に合格するための道筋

センター6割から1年間で慶應義塾大学に合格するための道筋

アンケート結果や予備校で実際に働く人から聞いた声から、「慶應合格のための道筋」を見出しました。各科目、1年間で慶應に受かるための方法やおすすめの参考書、スケジュールを紹介しています。私立文系志望の全ての高校生に読んでいただきたいと思っています。

こんにちは。tutee編集部です。
tuteeでは現役の大学生からの受験勉強に関するアンケートや予備校で実際に働く人から聞いた声などから、「慶應合格のための道筋」を見出しました。
もちろん人によって学習状況等に千差万別はあるので一概には言えませんが、受かる人の共通点というものもあることは確かです。
慶應の入試の特徴から、段階別の勉強法まで盛り込んでいますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

慶應の入試の特徴

下記サイトを参考にしてください。

法学部、文学部は最低点が6割程度、経済学部は6.5割程度、商学部は7割程度となっています。
学部によって若干の違いがありますが大きな特徴としては

・英語の配点が全体の5割程度を占める
・各学部、採点基準が不明瞭な小論文の科目がある。
・問題自体の難易度が非常に高く各科目超高得点は難しい

ということが挙げられるでしょう。
印象としては各学部各科目8割程度の得点を取ることが限界のように思えます。逆に言うと8割程度の得点であれば正しい勉強方法をすれば必ず取れるといっても過言ではありません。

この記事のターゲット

センター試験を1年前の段階で英語国語共に120点程度取れている高校生が対象です。高校2年生の段階からある程度の受験勉強をスタートしており、学校の成績もそこそこである、という前提とします。
慶應に合格する高校生の平均点が大体英語、国語共に140点程度なので、このくらいの点数を取れていれば1年歯を食いしばって学習すれば、なんとか慶應に合格することができるでしょう。

とは言っても、慶應志望であるからといって、急に慶應対策の学習をするというのは難しいでしょう。
先にも書きましたが、慶應の問題は非常に難解です。各科目の基本的な分野が完成していなければ、対策の元も子もありません。加えて、実力がない状態で問題を解くと途方もない難易度でモチベーションが下がってしまうことも確かでしょう。

そのため、まずは各科目の基礎をしっかりと学習した上で、慶應対策に移っていくことが定石になっています。
また、基礎と言っても定義は少し難しい気もしていますが、多くの慶應生は
「センターで9割取れるようになって、やっと慶應の問題で5割程度の得点ができるようになる」
と言っているように感じています。

今回はまず、
英語、世界史に関しては

①センター6割→9割(慶應合格における基礎の完成)
②9割を取った後(慶應の問題を5割→7割に上げていく学習)

国語に関しては現実的にセンターで9割をコンスタントに取ることは難しいので、

①センター6割→8割(慶應合格における基礎の完成)
②8割を取った後(慶應の問題を5割→7割に上げていく学習)
について分けて考えたいと思います。

英語の勉強法〜センター6割⇒9割までに必要な勉強〜

センター英語6割の高校生像

上記の学生は以下のような学習が終わっていると考えられます。

①受験英単語帳一通りの学習(2000語程度の単語帳1周程度):約40時間
②受験英文法の理解(英文法書1周程度):約40時間
③文法問題演習の終了(文法問題集1周程度):約50時間

イメージとしてはセンター試験の長文を解いていて、なんとなくの文章が伝えていることは理解できるという状態でしょう。
単語帳で言えば「ターゲット1900」、「システム英単語」程度のレベルの単語帳が6割程度暗記できている状態かと思います。
また受験英文法の理解については「フォレスト」を一通り読んでいる状態、文法問題集の終了に関しては「NEXT STAGE」や「UPGRADE」など基本的な問題集が6割程度なら解答できる、という状態でしょう。

センター9割のために必要な学習

以下の学習が必要です。

①単語、文法の完成(単語帳、問題集3周程度):約60時間
②一文読解学習(構文問題集2周程度):約75時間
③長文問題演習(長文問題集2周程度):約90時間
③センター過去問演習(過去問10年分2周):約60時間

段階としてはセンター英語の長文であれば、頭からスラスラ読んで解けるという状態がここを指します。
単語帳、文法問題集は上記に挙げたものを9割以上は解答できるようにしておきたいです。
一文読解学習は「英文問題精講」などに代表されるような参考書を1冊2周程度、長文問題演習は「やっておきたい長文シリーズ」などを2周程度ずつこなしましょう。
センター過去問は1周目は10年は復習も含めて4時間、2周目は復習含めて2時間程度をイメージにこなしていきましょう。

現代文の勉強法〜センター6割⇒9割までに必要な勉強〜

慶應の場合は2次は小論文のみとなりますので現代文のみにフォーカスして考えたいと思います。

センター国語6割の高校生像

上記の学生は以下のような学習が終わっていると考えられます。

①漢字、評論語句の理解(参考書2周程度):約30時間
②評論文に読みなれている(学校の教科書1周程度):約50時間

評論文自体の内容は漠然と取れているという高校生がおよそ6割程度の得点でしょう。
漢字、評論語句共に学校で配られるものを8割程度暗記している、教科書に関しては読んだ上でようやく出来ている状態だと良いと思います。

センター8割のために必要な学習

以下の学習が必要です。

①評論文の解法を学ぶ(参考書1周程度):約30時間
②選択問題の演習(参考書2周程度):約60時間
③センター過去問演習(過去問10年分2周):約60時間

段階としては評論文の内容は問題なく取れ、解答も間違える場合は2択に絞って間違えるというイメージだと良いでしょう。
選択問題の演習は「入試現代文のアクセス」、「出口のシステム現代文シリーズ」が良いでしょう。
センター過去問は1周目は復習も含めて4時間、2周目は復習含めて2時間程度をイメージにこなしていきましょう。

歴史の勉強法〜センター6割⇒9割までに必要な勉強〜

センター歴史6割の高校生像

上記の学生は以下のような学習が終わっていると考えられます。

①流れの理解(歴史漫画等による理解):約10時間
②教科書の理解、重要語句の暗記(教科書の読み込みと一問一答の頻出問題部分1周):約100時間

イメージとしては、時代の重要な出来事等を年表方式で書けるような状態が良いと思います。
一問一答で言えば頻出問題部分は8割程度は暗記して欲しいところです。

センター9割のために必要な学習

下記のような学習が必要です。

①一問一答の完成(一問一答3周程度):約100時間
②センター過去問演習(過去問10年分2周):約45時間

一問一答に関しては「東進 一問一答」「山川一問一答」を頻出度1以外は8割以上暗記して欲しいところです。
センター過去問は1周目は復習も含めて3時間、1周目は復習含めて1.5時間程度をイメージにこなしていきましょう。

英語応用力に必要な勉強

センター9割→慶應に行くまでには以下のような学習が必要だと考えています。

①難関大用の単語帳の暗記(約2500語程度): 約80時間
②難関大用の長文問題演習(参考書3冊2周程度):約150時間
③過去問演習(10年分2周×4学部):約240時間
④英作文の練習(参考書2周程度):約30時間


難関大用の単語帳の暗記に関しては「単語王」「鉄壁」「速単上級編」などが良いでしょう。量も多く、難易度も高いので3周以上はして95%近くは覚えたいところです。

長文問題演習に関しては「英語長文問題精講」「やっておきたい長文シリーズ」等を使いましょう。1周目の復習は要約やわからなかった箇所の推敲までじっくりやることをおすすめします。

経済学部、文学部を受ける場合は英作文が必要となってきますので必要な人は「ドラゴンイングリッシュ基本英文100」や「竹岡広信の英作文が面白いほどかける本」などで学習しましょう。

過去問演習に関しては、早慶志望者は平均4校程度受けるので、4学部として過去問は計算しました。1周目は復習含めて4時間、2周目は2時間として計算しています。

国語応用力に必要な勉強

センター9割→慶應に行くまでには以下のような学習が必要だと考えています。

①基本的な小論文を書く演習(参考書2周):約50時間
②過去問演習(10年分2周×4学部):約240時間

小論文の基本を学ぶ演習に関しては「樋口裕一の小論文トレーニング」等が良いかと思います。実際自分で書いたものは先生等に添削してもらう方が良いでしょう。

過去問演習に関しては、早慶志望者は平均4校程度受けるので、4学部として計算しました。復習も含めて1年分4時間、2周目は2時間で計算しています。

世界史応用力に必要な勉強

センター9割→慶應に行くまでには以下のような学習が必要だと考えています。

①難関大用の問題集の完成(参考書3周程度):約150時間
②過去問演習(10年分2周×4学部):約160時間

難関大用の問題集は「z会の実力をつける100題」がおすすめです。これも90%以上は答えられるようにしたいので、3周はしたいところです。

過去問演習に関しては、早慶志望者は平均4校程度受けるので、4学部として計算しました。復習も含めて1年分2.5時間、2周目は1.5時間で計算しています。

必要な勉強時間

上記学習時間を計算すると

英語:755時間
小論文:450時間
世界史:455時間

となります。
合計時間は1660時間となるのでおよそ1日4時間半、集中してこなしていけば合格することができるということなり、夏休み等の長期休み等もあるので、そこまで大変ではない数字かと思います。
ただし、集中して機械的にこなしていった場合の計算となりますので覚悟してやるべきでしょう。

勉強時間から考える学習スケジュール

センター9割→慶應合格の実力をつけるまでに

英語:500時間
小論文:290時間
世界史:310時間

となります。合計で1100時間です。

一学期の学習時間:4時間/1日
夏休み(30日間)の学習時間:8時間/1日
2学期の学習時間:5時間/1日
冬休み(30日間)の学習時間:10時間/1日

という風に勉強時間があるとすると、夏休みの途中から慶應対策の学習を始めれば間に合うことになります。
12月末から1月の上旬はセンター対策を軽く手を出すことも考えると、夏休み時点ではセンターで9割程度取れる実力は欲しいところですね。

センター6割→センター9割の実力には

英語:255時間
小論文:160時間
世界史:145時間

の計560時間となります。なので2月頃にセンターで6割程度の実力を持っていれば合格することはできる、ということになります。

注意とアドバイス

以上が慶應に高い確率で合格できる方法です。

ここで注意しておきたい点が「理論値にすぎない」ということです。
ここでは「学校の授業はしっかり受けている」という高校生像を想定しています。
学習習慣と基礎知識が付いていなければ、先に述べたような学習の量をこなすことはできないでしょう。時間ももっとかかると思います。

また逆に1年前でセンターで9割近く取れている高校生であれば、1100時間分のみの学習で合格できるラインに乗ることができます。tuteeのアンケートでも「過去問は25年分実施した」「用語集は全て覚えた」と書いている学生も多く、そういった高校生は複数校余裕で合格することができているようです。
ぜひとも、これを読んでいる高校生は、学年に問わずやるべき勉強をこなしていただきたいと思っています。


また各学部の詳細な勉強法を知りたい学生は以下のリンクも参考にしてください。

関連する記事

この記事のキーワード

この記事のライター

Thumb a9345ddb 37c3 4f76 8eb3 0229ab647b8d

Tutee 編集部

受験勉強に関するあらゆる情報をオープンにすることで、公正公平な受験競争に貢献したいと考えています。進学校や有名予備校だけが知っている情報や勉強方法、モチベーション管理などの方法についてオープンにしていければと思っています。

カテゴリー 一覧