受験校選びを制するものが受験を制す?!失敗しない受験校の選び方

受験校選びを制するものが受験を制す?!失敗しない受験校の選び方

受験校選びは受験を制する上で非常に重要な要因となっています。うまく受験校を選ぶことで、モチベーション高く受験することができ、時には実力以上の力を発揮することができます。ぜひ参考にしてください。

こんにちは、慶應4年生です。私自身は予備校での勤務経験もあったため、生徒の志望校選択等の相談を多く受けていました。

高校生にとって、初めての大学受験。
もちろん実力をつけて模試の判定等を出していくことも非常に重要ですが、それと同様に大切なのは受験校選びです。
圧倒的な実力を持って、模試でも常にA判定、という高校生ならいいですが、多くの高校生は第1志望群に挑戦しながらも滑り止めもたくさん受けていくと思います。
しかしながら、大学が多すぎて日程もありすぎて、はたまた入試方式も多すぎてどういう風に選んだらいいのかわからない!!と思う高校生も多いと思います。
本日はそんな悩める受験生のために、失敗しない受験生の選び方を説明しようと思います。

大学受験の全体感

まずは現在の大学受験の全体感から説明したいと思います。昨今ではAO等の特殊な入試方式もありますが、今回はそれは省いてセンター試験から一般入試までの話に絞りたいと思います。

1月中旬:センター試験
1月下旬:女子大、日東駒専、医学部、薬学部
2月上旬:上智、GMARCH
2月中旬:GMARCH 一部、早慶
2月下旬:早慶一部、国公立二次試験

というようなイメージで受験は始まっていきます。2月上旬にある上智を除けば基本的には日を追う毎に難しい大学が待ち構えているというイメージを持っていただければ幸いです。
まずはこのようにある意味階段を上っていくような感覚で受験が進んでいくということを理解してもらうことが大切に思います。

受験生が陥りがちな悪いパターン

「早慶以外は行く気もないから受けない」

というようなことを言う受験生がよく見られます。また逆に

「自分は早慶はお試しだから早稲田一つ以外は受けないでMARCHをたくさん受けよう」

と考える受験生もたくさんいます。

これは双方ともお勧めできません。
なぜならば、「受験はその日のそのテストで取れた点数によって合否が決まる」からです。

というのも、どれだけ実力のある受験生でも当日に受験会場独特の雰囲気にのまれてしまうことはよくあるのです。
合格も一つもない状況で、いきなり自分の実力相応の大学を受験して、その雰囲気にのまれ失敗をして立ち直る間も無く結果力を出し切れずに全滅、というパターンの受験生も多くいます。逆に言うと、周りの受験生が力を発揮できない状況で、受験慣れをしておいていつもの自分自身の力を出し切れれば、お試しと考えていた受験生でも合格を勝ち取る可能性は大いにあります。

おすすめの受験校選び〜逆ピラミッド型受験〜

上記のことを踏まえてお勧めする志望校の選び方が「逆ピラミッド型受験」というものです。
これは自分自身の実力から受験校を

・挑戦校:模試でいうとC判定以下の大学
・安全圏内校:模試でいうとB判定程度の大学
・滑り止め校:模試でいうとA判定もしくはそれに限りなく近い大学

の3つに分類し、

・挑戦校:5校程度
・安全圏内校:3~4校程度
・滑り止め校:1~2校程度

というような形で受けていく方式です。
この方式を実施するとよいことは

「自分自身に自信をつけながら挑戦校の合格率をあげることができる」

ということです。
先にも述べましたが基本的には日を追う毎に難しい大学が待ち構えています。センター試験を受けて大学受験の空気感を最初に味わいながら、滑り止め校、安全圏内校を受け、受験会場でも「問題を解ける」という感覚を養いつつ、合格も獲得する。そうすることで自信を持ちながらいい緊張感で挑戦校に臨むことができます。

最後に

いかがでしたか?
もちろん人によって成績等も違うので一概には言えませんが、
「第一志望に良い状態で臨む」ために「自信をつけること」
が重要であることは間違いありません。
是非とも、自分にはダメだと卑屈になるのでもなく、逆に自分は余裕だろと傲慢になるのでもなく、戦略を立てて、自分自身の勉強してきたことを最大限発揮していただければと思います。

関連する記事

この記事のキーワード

この記事のライター

Thumb b0beae47 b463 4be7 85c1 38fa551bf1fc

いまいける

慶應商学部の4年生です。 予備校で4年間、受験生の受験相談に乗っていました。 勉強法からモチベーション管理系、志望校の選び方まで幅広く高校生の皆さんのためになる記事を書けたらと思っています。ぜひ参考にしてください。

カテゴリー 一覧