京都大学農学部に行くための「物理」の勉強法は?

京都大学農学部に行くための「物理」の勉強法は?

こんにちは。京都大学農学部4回生の者です。
物理は暗記する事項が多いというよりは、頭を使ったり手を動かして図を描く・考えたりする教科なので、とっつきにくいと感じる方も多いと思います。

その方々に、僕が京都大学の物理を攻略するために必要だと感じたことを書きたいと思います。参考にしていただけるとありがたいです。

京都大学農学部の「物理」の特徴とは?

京都大学の物理は化学と合わせて180分の時間で回答します。なので、約90分の時間をかけることができます(私は物理の方に時間をかけていたので約100分見ていました)。大問は 3題で構成されています。分野としては、電磁気学から1題、力学から1題、熱力学・波動・原子物理のいずれかから1題の合計3題がよくあるパターンです。

センター試験や高校の記述模試とは違い、単なる公式の運用だけでは解けない問題が沢山出題されます。
しかし、基本に忠実に、一つ一つの公式の意味や導かれ方などを理解しながら問題演習を積んでいればきちんと回答可能な問題で構成されていると思います。

「新体系物理」で基礎を固め、「難問題の系統とその解き方」などを用いて難解な問題に対しての体制をきちんとつけておけばよいと思います。

特徴に基づいて行うべき対策

大きく分けて勉強法に2段階あります。


まずは、基礎的な問題を絶対に落とさないことです。

京都大学に限らず、二次試験の物理の問題は(1)の答えをそれ以降も使用していくケースが多く、はじめの方の問題でミスをしてしまうと、大問すべて間違いになってしまう危険性をはらんでいます。

電磁気や、力学分野では図を正確に書くことを日ごろから注意しましょう。ある一つの力を書き忘れていた、なんてことがよく起こってしまうのが物理の怖いところです。
「新体系物理」や「物理の重要問題集」などで対策しましょう。


そして、一つ一つの公式や現象について本質を理解することが大切です。
はじめは公式を覚えて、それを使うことを身につければよいと思いますが、それでは二次試験に太刀打ちできません。

「新体系物理」」にはある公式や現象に対してどのように導くことができるかというような問題が多数掲載されています。この様な問題集を用いて、物理現象をとらえる演習を積みましょう。


有名な問題集である「難問題の系統とその解き方」は例題を解くだけでもかなり時間がかかります。一問一問がかなりヘビーです。これを解ききることができれば二次試験も自信を持って勝負することができるでしょう。

見込める得点と+αの学習

「新体系物理」までしっかり学習しきっていれば5~6割ほどは得点可能だと思います。これでも合格点には達しますが、より得点したい人は「難問題の系統とその解き方」を解ききって、難問に対する体制をつけてください。
また、公式の証明など微分積分を用いてやってみるのも良いと思います。大学に入ったら授業で扱う内容ですが、このようなものがもととなって試験問題が作られています。

物理・化学のどちらかをできるだけはやく一通り終わらせて、得点源にしていきましょう。

関連する記事

この記事のキーワード

この記事のライター

User

sakatani

京都大学 農学部 4回生です。 高校は洛南高校出身です。 中学高校では6年間柔道を、大学では4年間ボートをしていました。 大学では全国6位になりました。 要領のいい方ではありませんが、 限られた時間の中で目標をしっかり立てて、今までなんとか乗り越えてきました! 部活も勉強も両立したいという「文武両道」spiritを持った受験生を特に応援したいと思います。

カテゴリー 一覧