1000本ノックでセンター大問2は満点確実! 「英文法・語法問題1000」のススメ

1000本ノックでセンター大問2は満点確実! 「英文法・語法問題1000」のススメ

英語の基礎事項徹底はとにかく早いうちに終わらせることが必勝パターンです。そこで、現役慶應生の筆者が受験生時代に愛用していた参考書をご紹介します。

こんにちは、慶応義塾大学文学部4年生です。
センター大問2の文法問題がなかなかとれない、英文法について何か参考書一冊やりこみたいと考えている方は多いのではないでしょうか。しかし、英文法の参考書は種類が多くて選ぶのも一苦労ですよね。そんな方のために、今日は私が受験生時代に愛用していた参考書、「英文法・語法問題1000」を紹介したいと思います。

◆この参考書の特徴

「英文法・語法問題1000」の一番の特徴は、問題量の多さです。実は「1200問」収録されており、文法・語法をかなり幅広くカバーすることが出来ます。
参考書のタイプについてですが、問題編と解答・解説編が分かれるようになっています。問題編に比べて解答・解説編がかなり分厚いです。
問題編は、センター試験の大問2Aで出題される「客観四択問題」形式の問題が単元ごとにまとまっています。各章末には並び替え形式の問題も付いています。
解答・解説編は、すべての問題に対して解答・解説が丁寧に記載されており、各問題の中で出てきた文法・語法事項についてよくまとめられているので、知識の補強にも非常に役立ちます。

◆この参考書の長所、短所

長所

圧倒的な問題量と丁寧な解説がこの参考書の長所と言えます。英文法・語法の問題集と銘打っていますが、イディオムや構文についても幅広く盛り込まれた文章が問題に採用されていますので、丁寧に解説を読み込んでいけばかなりの知識量のインプットにつながります。この参考書をやりこむことができれば、センター大問2Aで全く太刀打ちできない問題はなくなると思いますし、有名私大で出題されるような文法問題も得点源にすることができると思います。

短所

難易度に関しては注意が必要であると思います。「基本的な文法事項」はクリアできている人にオススメの参考書です。例えば不定詞や仮定法、過去完了などの基礎事項が理解不足の方にとってはそのあたりの解説は薄いと感じられると思いますので、そのあたりの基礎事項をクリアしてからこの参考書を使った方が効果はアップすると思います。
また、1200題と扱っている問題量がボリューミーであることと、ひとつひとつに分厚い解説がついていることから、やりきるには相当時間がかかります。(私は高校2年生の9月頃から3月頃まで半年使ってやりきりました)
基礎事項の徹底が目的の方にとっては、できる問題とできない問題を選別したあとの2周目こそが肝になってきますので、2周できる時間があるか見極めながらこの参考書を使っていただければと思います。
ここまで述べてきたように、この参考書は基礎事項をマスターしたいという方よりは、基礎事項の漏れの確認とイディオムや構文を幅広くインプットしたいという方に向いているのではないかと思います。

◆この参考書をオススメするレベル

高校英文法の学習が一通り終わっている人にオススメします。
センターの大問2で半分程度得点できている人がだいたいの目安です。
一周するのに時間がかかるため、高校1・2年生のうちに取り掛かるのがベストです。

この参考書が難しすぎる人→『Forest』
基本的な文法についての解説が充実しているのでオススメです。

◆実際に著者が使っていた時期と成績の推移

時期
高校2年生の9月から3月までの半年間で一周しました。
学校のある時期は2週間に1章のペースでコツコツ進めました。
学年末テストが終わってから新学期までの約一ヶ月間で全体の1/3を一気に進めました。
成績推移
《使用前》
高校2年生 8月 英語136点
《使用後》
高校3年生 6月 英語173点

◆この参考書を使ったおすすめの勉強法

半年程度時間を確保できる人におすすめの勉強法を紹介します。問題を解く際に、四択の答えをノートに書くだけではなく問題文も書くようにしていました。解答・解説編を見ながらその文の構造把握とイディオムなどの確認をし、解説を見ながら書き加えていきました。ただ解いてチェックするだけではなく、その場で理解しようと心がけることで、一周でだいたいの文法・語法事項を頭に入れることができました。

◆最後に

いかがでしたでしょうか。文法・語法については早めにマスターしておくと受験期通じて得点源になる部分だと思いますので、早くから時間をかけて取り組むべき分野だと言えます。このようなレビューを参考にしながら、とっておきの参考書を見つけてほしいと思います。頑張ってください。

関連する記事

この記事のキーワード

この記事のライター

Thumb 504ef37f 1ce2 4b07 8918 39f8650dba6a

moe

慶応義塾大学4年。予備校で4年間受験指導をしていました。近くで高校生を見てきた経験を活かして、みなさんの選択肢が広がるような記事を書いていきたいです。

カテゴリー 一覧