予備校で働いていた慶應生による志望校を決める上で考えて欲しいたった2つのこと

予備校で働いていた慶應生による志望校を決める上で考えて欲しいたった2つのこと

予備校で働いていた慶應生による志望校を決めるポイントです。
一般的な高校生は、立地や偏差値などの「イメージ」で決めてしまうような気がしています。そうなるとモチベーションも上がらず、大学生になったとしても充実した大学生活を送れないかと思います。悩める高校生、是非参考にしてください。

こんにちは。慶應商学部の4年生です。
私自身、予備校で4年間働いていたこともあって、多くの受験生の進路相談に乗っていました。
その中でも一番多い相談だったのは「志望校をどうしようか」ということだったように感じています。
大学受験を始める上で、志望校を明確に定めるということは非常に重要だと感じています。早期から志望校を定めることで、自分自身の目標が明確になり、モチベーション高く、かつ効率よく日々の学習を進めることができるからです。目に見えた目標というのは日々の学習に活力を与えてくれ、辛い受験勉強を乗り越える糧になるのです。

しかしながら多くの高校生はどのように志望校を選んだらいいのかわからない!と思っているのが実際の問題でしょう

よくいる例だと
「経済とか商学部はあんま興味ないから、法学部かな。それでなんとなくおしゃれな雰囲気の青学をとりあえず志望しよう!」
という風にある意味感覚的に志望校を決める学生が多く見受けられます。

もちろん、そういった場合でもモチベーションを高く保つことができるのであれば全く問題ないでしょう。しかしながら、多くの高校生は、こうやって適当に決めた志望校に対して、必要な学習ができないのも確かです。
加えて、納得のいく志望校を決めた上で受験を勝ち抜いた人は、大学生活も目的意識を持って過ごすことができて非常に有意義に過ごしている人が多くいます。

であるからこそ、今回は私自身の指導経験や、大学生活での体験も含めて「本当に行きたい志望校を決める上で考えて欲しい2つのこと」について書いていきたいと思います。

そもそもの大学生活とは?

大学生活とは言ってしまえば「社会に出る前の準備期間」だと感じています。

多くの時間を与えられるが故、その大学生活はまさに千差万別です。サークル活動に熱中する人、留学をする人、体育会活動に専念する人、学業を極める人、人によって全く異なっていきます。
また、そういった様々な経験の果てに、進む道も全く異なってきます。普通の企業に就職する人、研究者になる人、起業する人、海外に行く人、などなどそれこそ、一人一人の未来が待っているのです。
そう考えると大学生活というのは自分自身の将来を考える上で切っても切れない関係にあるのだと思います。

つまり、大学生活を考える上で重要なことは
①大学生活を終えてどんな大人になりたいのか
②その上でどんな大学生活を送りたいのか
の2つがあるのです。
多くの受験生は②のどんな大学生活が送りたいのか、ということにのみしか頭が回らず、立地や偏差値などの「イメージ」のみで志望校を判断しているように感じています。

大学生活を終えてどんな大人になりたいのか

まずはここについて言及していきたいと思います。
ここで注意したいのは「弁護士」「医者」「銀行員」などの職業を決めるだけでは少し詰めが甘いのです。

例えばですが「弁護士になりたいから司法試験合格者数が一番多い中央大学に行こう」という発想になってしまう受験生は一定数いるのではないかと思います。

もちろん、ただ弁護士になりたいのであれば、受験者、合格者も多く学習環境も整っている中央大学を選ぶのは良いかと思います。

しかしながら「大企業の案件を扱う弁護士になりたい」、「刑事訴訟を中心に扱う弁護士になりたい」、「民事訴訟を中心に扱う弁護士になりたい」等々、人によって弁護士になってやりたい仕事が違い、自分がどうありたいのかというところで、取るべき選択肢は異なってくるように思います。

例えば、「大企業の案件を扱う弁護士になりたい」と考えたとしましょう。
そういった場合、「四大法律事務所」と呼ばれるような事務所に所属して案件に取り掛かっていくことが主流であるようです。
そのような事務所に入るには「司法試験で優秀な成績を修める」「ロースクールに行かずに司法試験を受験できる予備試験に合格する」ということが重要と聞いています。

上記リンクを見てもらうとわかる通り、予備試験の合格者数は東大が圧倒的であり、またその下に一橋、九州大と並んでいます。
逆にロースクールでの合格者数が多い京都大学は予備試験合格者は1名と、なんとも言えない数字となっています。

また例を「医者」で考えてみましょう。
例えばですが、「医者になりたいから、どこの地方のでもいいから医学部に入ってやる!」と考えている受験生がいるとしましょう。
この場合も「大学病院で最新の医療機器を使いながら多くの人の命を救いたい」、「自分の地元の病院で地域の人に密着した医療を行いたい」等々、人によって医者になる理由も異なると思います。

地元の病院で…と考えている場合は、地方の国立医学部に進むのも良いでしょう。同じような思いで進学している人も多くいると思いますので、非常によい大学生活を送れるのではないかと思っています。
大学病院で…と考えている人は、学閥のようなものも関係あると聞いています。
医学部のヒエラルキーでは東大京大を頂点とした旧帝大の医学部が一番優れており、その下に私立の医学部や国立の医学部等が並んでくるようです。難易度で言えば旧帝大レベル、もしくはそれ以上とである東京医科歯科大学や千葉大学医学部もそのようにまとめられていると聞いています。


上記に例示したような話がどの職業でも当てはまるのです。
「銀行員」であれば「銀行員」、「教師」であれば「教師」など、自分自身がなりたい職業等を決めるだけではなく、その果てにある自分自身が何をしたいのか、ということも考えると、納得感のある大学学部を選ぶとよいかと思います。

その上でどんな大学生活を送りたいのか

さて、自分自身の将来を描いた上で、それではどんな大学生活を送りたいのか、ということを考えてみましょう。
上記では、「なりたい自分を描いてそれに向かおう」という風にも書きましたが、もちろん大学生活が勉強だけ…というのも少しさみしいものです。
サークルや部活はもちろん、ボランティア活動や海外留学などなど、大学生活でしかできないこともたくさんあるでしょう。

大切なことは「バランス」だと考えています。
自分の中で「学習面ならこの大学」、「サークルならこの大学」、「雰囲気はこの大学」等と、比較しながら優先順位をつけることで、本当に納得感のある大学選びができるのではないかと思っています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

正直なところ、私自身も「とりあえず偏差値の高い大学に入ればなんとかなるだろう…」と思って目的意識もなく大学に入学しました。
しかし、その一方で
「自分は地域活性化に興味があるから、慶應のこのゼミに入りたくて入学したんだ」
「将来、国連で働きたいから、慶應で留学して、海外の大学院にいきたいと思っている」
というような学生にも多く会いました。

その学生たちは、やはり自分なりの目的意識を持っているからこそ、非常に充実した大学生活を送っていたように感じています。

もちろん、確固たるものを決める必要はないとは思います。しかしながら、自分自身がどんな将来を描きたいのか、と考えることは、本当に行きたい志望校を選ぶ上で、確かな一歩となると思います。是非とも、これを機会に考えてみてはいかがでしょうか。

関連する記事

この記事のキーワード

この記事のライター

Thumb b0beae47 b463 4be7 85c1 38fa551bf1fc

いまいける

慶應商学部の4年生です。 予備校で4年間、受験生の受験相談に乗っていました。 勉強法からモチベーション管理系、志望校の選び方まで幅広く高校生の皆さんのためになる記事を書けたらと思っています。ぜひ参考にしてください。

カテゴリー 一覧