進学するなら地方の大学?それとも首都圏の大学?

進学するなら地方の大学?それとも首都圏の大学?

こんにちは。東大院M2です。
大学は東北大の機械系を卒業し、大学院で東京大院に進学しました。経歴的には東北で生まれ、21年を東北4県で育ち、1年東京で浪人、今は千葉にいるので関東で生活するのは今年で3年になります。メリット、デメリットがありましたので、巷であまり聞かないものみ取り上げてご紹介します。

地方の大学について

メリット

〇ゆったりとしている
⇒良い意味でも悪い意味でものんびりとしています。東京に住んでいて感じる、世間の慌ただしさはあまり感じません。得られる情報も限られます(東京でのイベント情報をつかんだところで交通費的に行けないので)が、諦めが付く分いいのかもしれません。自分に必要なことへの選択と集中がしやすくなります。

デメリット

〇上を目指そう、という気持ちがある人は多くない
⇒これは所見で、しかも東北大の場合ですが、一年生の頃から感じていたものです。地元でいいかな~や推薦で安定しいるそれなりのとこに就職できれば良いかな~という雰囲気はあると思います。ただ、モチベーションが高い学生が多いとはいえないかもしれませんが、現役生が多く、勉強をしっかりとやってきた真面目な学生が多いです。また、自分は何に興味があるのかということをはっきりと持っている学生は多いのではと思います。

首都圏の大学について

メリット

〇イベントに参加する機会が圧倒的に多い
⇒常にイベントが何かしら行われているので、土日の行動には困りません。また、公務員試験に関していえば、省庁で開かれる勉強会に参加しやすくなり、地方では得にくい、国の動きの一端に直接触れることができます。

〇就職活動がかなり楽になる
⇒移動手段が発達している上にそれほど高くないので、就職活動がとても楽です。地方だと、「……疲れたまま面接に出るのは宜しくないので行きは新幹線だけど、お金がないので帰りは高速バス…それも何往復も…。」というのがザラです。

デメリット

〇電車に結構乗るのでお金が1000円単位で湯水のように飛んでいくこと。
〇黙っていても大量に情報が入ってくるので、玉石混合、情報の取捨選択に苦労する。
本当に行く意味があるのかをちゃんと考えないと予定ばかりが入ってしまうと思います。

地方の大学でも首都圏の大学でも変わらない事

研究室選びと人間関係はどこに行っても大事です。大学に入って一番気を付けなければいけないことは、研究室選びです。合わないと病みます。最悪、欝になって学校や研究室に行かなくなります。そこから立ち直るのは結構大変です。

地方か首都圏か

地方出身で、東京にあこがれを持つ人ほど強く意識することなのではないでしょうか。
正直なところ、どっちも生活してみると、地方の方がのんびりしているし、食べ物もおいしいし良かったなと思うことは多々あります。
後、首都圏には学生がいっぱいいるので、そこで個性を発揮するのはなかなか大変です。
何がやりたいかが定まっていないと、東京での慌ただしさに巻き込まれ、流されてしまう恐れもあると思います。

大学は地方、大学院で東京、またはその逆、など。
2つの地域で学生生活を過ごしてみるという選択肢も悪くないと思います。

関連する記事

この記事のキーワード

この記事のライター

Thumb 9e914c23 cc57 4c8a aefa 74d518e0749a

eneru-p

東京大学大学院理学系修士2年です。 ロボットが大好きで子どもの頃から東工大志望でしたが届きませんでした。東北大情報系に入学しましたが、やっぱり機械系な勉強がしたくて東北大機械系に転学科しました。震災があり、でっかいエネルギーなことが知りたくて大学院を変更しました。 高校の勉強はついていけず、浪人しました。浪人したのにセンターは7割を切ってしまいました。 勉強に苦労したので、参考になるところがあるかもしれません。宜しくお願いします。

カテゴリー 一覧