総合力養成にオススメの”最強”古文参考書『読み解き古文単語』

総合力養成にオススメの”最強”古文参考書『読み解き古文単語』

今回紹介する「読み解き古文単語」は、分量・難易度ともに受験古文参考書ではトップクラスの単語帳なのではないでしょうか。「長文から単語を覚える」プロセスから、単語・文法・背景知識などの古文読解に必要な「総合力」を鍛えてくれます。今日はそんな「最強」の古文単語帳について説明したいと思います。

この参考書の特徴

『読み解き古文単語』は、Z会出版が出している古文単語帳です。英単語帳として評価の高い同社の「速読英単語」シリーズとほぼ同じ構成になっており、「長文を通して古文単語を覚える」タイプの単語帳です。その意味で、「単語」だけでなく、「文法」「長文読解」「背景知識」の全てを総合的に学習できる単語帳と言えるでしょう。

ページ構成としては、見開きの2ページで様々なジャンルの古文+全訳(+細かい単語のリスト)が載っており、次の2ページで押さえておくべき重要な単語リストと、文章を読解するうえで必要な背景知識・古文常識が書かれています。また、「古文解説」という別冊が付属しており、ここでは更に詳しく、本文中の文法解説に加えて、主要難関大学で問われた読みの難しい古語(御随身;みずいじん/詞書;ことばがきetc…)がリストアップされています。

収録されている作品は、難関大入試で出題されたものを使い、「源氏物語」「徒然草」「枕草子」「蜻蛉日記」「大鏡」「平家物語」といった試験頻出のメジャーなものから、一話完結系の説話集まで幅広く54本が収録されており、試験までに押さえておきたい「古文ストック」としても機能します。

この参考書の長所・短所

長所:「単語帳」の垣根を超え、幅広い知識が身につく!

近い構成の「速読英単語」にも言えることではありますが、収録されている古文単語419語だけでなく、文法や背景知識についてかなり詳しく説明されているため、「問題のない長文読解参考書」として機能するところが強みです。この一冊を仕上げておけば、入試古文で困ることはまずありません。また、現代文や英文読解とは異なり、「古文読解」では「背景知識の有無」が非常に重要になってきます。その意味でも、「背景知識」をしっかりと解説してくれている「読み解き古文単語」は親切かつ有用なものと言えます。

短所:難易度は非常に高く分量もやや多め、徹底したモチベーション管理が求められる

当然ながら、難関大で出題された古文をベースとして作っているため、単語・文法・内容ともに高度で、理解に手間取ることがあるかもしれません。あまり古文に自信のない学生が最初にこの単語帳に手を出そうとすると、あまりの難易度に学習がはかどらず、かえってモチベーションが下がってしまう可能性があります。また、基本的には「単語帳」という体裁で、分量も多少あるため、とにかく長文を読解し、単語・文法・背景知識のインプットに終始する勉強法になると思います。この観点からも、モチベーションを維持することがやや難しいかもしれません。詳しくは下記で説明しますが、まずは「古文の基礎」の部分をしっかりと固める必要があります。

この参考書をオススメするレベル

既に古文の基礎ができており、ハイレベルな古文を出題してくる難関国立大(私大では早稲田大)を志望する高1~3生にオススメです。
難しすぎるという高校生は、古文全般に関して基礎がまだ磐石でないと考えられます。なので、まずは「読んで見て覚える古文単語315」や「マドンナ古文」「古文ステップアップノート」「古文上達」などの単語帳・文法参考書・問題集で基本知識を押さえてから取り組むと良いでしょう。
簡単すぎるという高校生は、そのまま難関大の過去問演習を通して、より実践力を付けていってください。

実際に著者が使っていた時期と成績の推移

ある程度基礎が出来上がった高校2年の冬頃(古文の偏差値は58~63辺りをウロウロ)からやり始め、高校3年の最後の河合塾全統記述模試で、偏差値68を出せました。筆者自身は、「読み解き古文単語」を一通り学習し、2~3周した程度でしたが、本腰を入れ、10周以上ほど学習を重ねていけば、更に偏差値を伸ばせたと思います。

おわりに

これまでに書いてきたように、「読み解き古文単語」はかなりハイレベルで、また「長文から単語を覚える」タイプの単語帳でもあるので、好き嫌いが分かれやすく、完璧にするにはかなり時間も努力も必要とするかもしれません。しかし、しっかりと内容を理解し、やり切ることができれば、間違いなく成績向上を保証してくれるレベルの参考書です。早い時期から難関大を志望する学生には、是非、書店で一度触れてみてほしいと思います。

関連する記事

この記事のキーワード

この記事のライター

Thumb 99f0b4b0 f708 4255 b33b d3b6d6049fdd

たかみ

慶應義塾大学法学部に在籍している2年生かつ、底辺高校出身、元学校嫌いの意識低い系。自分の経験を踏まえてモチベーション・自己管理などの記事を発信したいと思います。また、家庭教師・個別指導のアルバイト経験を活かして受験勉強に関する情報も発信できたらと思います。

カテゴリー 一覧