もう数学でケアレスミスはしたくない!「数学の計算革命」のススメ

もう数学でケアレスミスはしたくない!「数学の計算革命」のススメ

数学の参考書は数多あれど、計算力を鍛えるという類の参考書はなかなか見かけない。ここで紹介する『数学の計算革命』は、受験生が手薄になりがちな「計算力の増強」に着目した参考書である。東大・京大をはじめとする国公立文系・理系、医学部問わず、「正確で素早い計算力」という数学の基礎力を身につけたい人に勧めたい一冊である。

序文

こんにちは。早稲田大学文学部2年のものです。
今回は、僕自身が受験生のころに使っていた問題集『数学の計算革命』を紹介します。この問題集は、東大理一に現役合格した同じ中高の友人が勧めてくれたもので、理系の人にも根強く支持されています。

この参考書の特徴

この参考書は、通常の数学の参考書とは違って「計算力を強化すること」に特化した参考書です。数学1Aの基本的な計算から始まり、数学3Cまで幅広く網羅しています。
数学において致命的となるのが「計算ミス」です。計算ミスには大きく分けて次の2つがあります。第1に、計算方法を理解しておらず間違えてしまった。第2に、計算の精度ないし正確さが足りなくて間違えてしまった。前者はさほど問題ではありません。受験期後半になって数学の実力がある程度ついた段階でいざ問題演習!となったときに、受験生を悩ませるのは大概が後者です。
したがって、本書の主眼は、個々の計算方法を身につけるための練習ではなく、「いかにして高校数学の中の計算をスピーディーに正確にできるようになるか」に置かれています。これはアナウンサーが「原稿を読み間違えずに読む能力」のようなもので、謂わば数学を得意科目にするための基礎力の養成といえるでしょう。

この参考書の長所・短所

長所

各ページに制限時間が設けられていて、「自分の得点」「実施日」など達成度を確認しやすい構成になっています。だから、1ページでもよいので毎日継続してゲーム感覚で続けやすいかと思います。

短所

基礎的な事項は勉強したことを前提として書かれた問題集なので、基礎事項のインプットが完了していない人が手を出すと挫折しかねません。『青チャート』や『ニューアクション』など基本書と併用するのが良いでしょう。

この参考書をオススメするレベル

主に旧帝大・医学部・早慶(数学が必要な場合)以上を目指す、かつ一通りの数学の学習が済んだ人に適していると思います。実際に私自身、高校2年生の時にこの参考書を使って積分の計算をひたすらやった結果、2年時に背伸びして受けた東大模試で大問一つしっかり完答できました。

この参考書を使ったおすすめの勉強法

高校1年生や2年生でまだ数学の全範囲が終わっていない場合は、学習進度に合わせて取り組むとよいでしょう。数学の学習がすべて終了している人はどんどん解き進めていってください。
基本的に何周も繰り返し取り組んで計算スピードを極限まで上げることを目的とした問題集なので、計算結果を覚え込むぐらいまでやり込んでよいかなと思います。

最後に

いかがでしたか。
数学の参考書・問題集は巷に溢れているものだけでも、無限にあります。ですが、「計算力増強」に特化したものはなかなかありません。たかが計算力、されど計算力。入試の合否を決したのはケアレスミスだった、なんてことがないように是非この本を一読してみることをお勧めします。

関連する記事

この記事のキーワード

この記事のライター

User

よう

現役早稲田大学文学部2年生です。第一志望だった東大にはAランクにて届かず、浪人せずに早稲田大学に進学しました。東北地方出身です。中高時代に学校内にクイズ研究会を立ち上げ、高校の時に参加した『高校生クイズ全国大会』でベスト4まで行った経験があります。得意だった科目は地歴・古典・現代文と文系科目が中心です。受験勉強、大学生活など幅広いテーマに関して皆様の役に立つ情報を発信していきたいと考えています。よろしくお願いします。

カテゴリー 一覧