結局どっちがいいの?早慶理工徹底比較!

結局どっちがいいの?早慶理工徹底比較!

「早稲田と慶應、理工学部ならどっちがいいの?」理系上位校を志望している受験生の中にはこのような疑問を抱いている人も多いでしょう。そんな人に向けて、早慶理工の学科や難易度などを比較しました。それぞれの入試問題の特徴と対策もまとめてあるので、早慶理工を志望している人はぜひ参考にしてください。

・微積分 基礎の極意
理系数学の花形といえば数Ⅲの微積と極限です。これを乗り越えられるかどうかが合否に直結すると言っても過言ではありません。
数Ⅲの微積・極限には決まったパターンや典型問題がいくつかあり、難関大ではそれらが応用されて出題されることも多いです。それらを押さえるのにおすすめなのが「微積分 基礎の極意」です。
本書は3つの章で構成されています。1章は計算問題で、計算力をつけるための重たい問題が並んでいます。2章では基本事項と裏ワザ的知識が200つほどまとめられています。この章には問題が全く載っていないので、暇な時などに目を通してみるとよいと思います。
最も重要なのが3章で、ここに典型問題が勢揃いしています。初見では解きにくいものばかりなので、1周目で解き方を覚えて2周目以降で解けるようにするとよいでしょう。
本書をマスターすれば、微積・極限は間違いなく得点源になります。

・数学 上級問題精講
上で述べた問題集を一通り解けるようになれば、早慶理工の合格ラインにはまず乗るでしょう。しかし、数学を得点源にしたい人にとってはもう少し上まで行きたいところだと思います。そんな「もう少し」を埋めてくれるのが「数学 上級問題精講」です。
本書は「東大,京大,一橋大,東工大レベルの良問を精選」というキャッチコピーの通り、そのような大学で合否を分ける"ちょっと典型から外れた"問題を多く扱っています。解答解説も簡単すぎず詳しすぎずと、このレベルの受験生には丁度良い内容です。
ただ問題のレベルが高いのに加えて問題数もやや多いので、入試までの時間に応じて取り組む問題を絞るとよいでしょう。

物理

・物理のエッセンス
物理で最初に取り組むべき参考書といえば「物理のエッセンス」でしょう。網羅性の高い問題、明快な解説、丁度良い分量、と三拍子揃った良書です。
まずは手に取ってみて、難しいと感じたらもう少し解説の丁寧な参考書を終えて、それからまたエッセンスに戻ってくるとよいでしょう。

・名問の森
エッセンスと同じ著者の問題集です。実際の入試問題をそのまま載せるのではなく、学習効果が高くなるように加工して掲載しているそうです。
間に「良問の風」という問題集もありますが、エッセンスを完璧に仕上げれば本書に取り組めるだけの基礎力はついているはずなので、直接本書に飛んでよいと思います。

化学

・鎌田の理論化学の講義
化学が大嫌いだった私が、唯一やり遂げられた参考書です。
「公式より〜」と立式するのではなく、「○(g/mol)という値を求めたいから、質量(g)をモル数(mol)で割る」というように一つ一つの式に理由付けがされています。
暗記する部分を少しでも減らそうという工夫が随所に見られ、暗記が嫌いな人には特におすすめです。
同じシリーズで無機と有機のものもあるので、得意不得意に応じて取り組んでみるとよいでしょう。

・化学重要問題集
数研出版の「重要問題集」シリーズですが、化学版は特に評価が高いです。問題数は約280問とかなり多めですが、そのぶん網羅性に優れています。難易度も、難関大への足がかりから合格レベルまで対応しています。
化学の問題集で迷ったなら、とりあえず手に取ってみるとよいでしょう。

以上が私のおすすめ参考書です。
本気で選んだので、気になるものがあったらぜひ手に取ってみてください!

将来安泰?就職データの比較

理系での就職には、
・大学4年で卒業して就職する人(学部卒)
・大学院2年まで進んで就職する人(修士卒)
という大きく分けて2つのパターンがあります。

早慶理工ではともに、およそ7割の学生が修士まで進み、残りの3割が学部就職します。修士まで進んだ学生の9割が就職し、1割が博士課程として大学に残ります。学部卒では文系就職、修士卒では理系就職がメインになります。

結論を言ってしまえば、学部卒・修士卒にかかわらず早慶ともに就職実績は全体的に良く、レベルの差はありません。

しかし学問分野の比較でも述べたように、早稲田には「表現工学科」「建築学科」という慶應にはない学科があります。放送や広告・制作、建築業といった分野に関しては早稲田が大きくリードしていると言えるでしょう。

詳細は各学科のHPを参照してください。

結局どっちがいいの?

これまでの内容をまとめると

・慶應理工と早稲田基幹理工の入試は少し特殊。各学科のイメージを掴んだうえで進路を決定できる
・学べる分野は早稲田のほうが少し広い。建築や制作などをやりたい人は早稲田へ
・学費は早稲田のほうが高い
・偏差値の差はない
・慶應の入試は頻出分野に偏りがある。対策が可能なぶん得点は取りやすいが、合格しやすいとまでは言えない
・どちらも就職実績は高い。放送や広告・制作、建築業などへの就職は早稲田がリードしている

となります。


問題の「結局どっちがいいの?」という疑問ですが、この記事では

『放送・制作・建設がやりたいなら早稲田、それ以外はどっちでもいい!』

という答えで結論づけたいと思います。

私は慶應理工の学生ですが、学内の友人と早稲田理工の友人とに大きな違いは感じられず、何より双方同様に学生生活を楽しんでいます。文系に顕著な(?)大学による雰囲気の違いは理系にはあまり見られない、というのが個人的に感じていることです。

以上が早慶理工の比較結果です。
大学は違えど理系は理系、雰囲気はあまり変わらないと思います。
どうしても迷うようであれば、実際にキャンパスに行って雰囲気を探ってみましょう!

長文となりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連する記事

この記事のキーワード

この記事のライター

Thumb 3df2a7b2 08fc 4d50 a6bc ea007f1bd5d1

ogai

慶應理工3年です。第一志望は東工大でした。中学まで公立で、高校は埼玉の中堅私立でした。予備校には行かず部活も最後まで続けていましたが、なんとか現役で合格できました。「無理せず合格(できたらいいな)」がモットーで、嫌いな化学には"最小限の努力で最低限の点数を"という戦略をとっていました。「最低ラインで合格するには?」という目線で書いていきます。

カテゴリー 一覧