文法の基礎を学ぶなら絶対にこれ!『古文ステップアップノート30 基礎ドリル』のすすめ

文法の基礎を学ぶなら絶対にこれ!『古文ステップアップノート30 基礎ドリル』のすすめ

大学受験を控える高校1~2年生に特におすすめの『古文ステップアップノート30 基礎ドリル』の紹介記事です。古文文法を学ぶなら絶対に外せない参考書です。参考にしていただけたらと思います。

はじめに

よく言われていることですが、受験古文には以下のような公式が当てはまります。

★「単語力」×「文法力」×「背景知識」=「読解力」

そのため、古文を使う受験生は上記の3つの「力」をしっかり身に付ける必要があるのですが、「文法力」を養う上ではこの『古文ステップアップノート30 基礎ドリル』がオススメです。”授業でなんとなく理解している”具合の学生が、受験を意識した勉強を始めるにあたって絶対に外してはいけない基本文法が整理されています。

初めて受験古文に触れる学生だけでなく、ある程度古文の対策をしている学生が、もう一度「おさらい」として数時間で終わらせるのにも使えると思います。
今日はそんな『ステップアップノート』について説明したいと思います。

この参考書の特徴

この参考書は、文法30項目ごとに区分されたページ構成になっています。例えば、助動詞「ぬ」であれば「ぬ」に関する訳語と用法の説明、そして理解確認のための簡単な演習問題が掲載されています。初学者でもわかりやすいようにできており、この参考書を一冊仕上げれば基本的な「文法力」が鍛えられます。

「とにかく文法を理解できるようにする」という目線で作られているため、「基礎」的であるという説明はしましたが、実際はこの文法書だけでも入試頻出の押さえておきたい文法問題や読解問題はできるようになります(例:活用形、係り結び、接続詞、助動詞の識別など)。

長所

わかりやすい構成ながら、入試頻出レベルの文法問題は解けるレベルの素養が身につくので、これを足がかりに単語帳や『古文上達』などの読解問題+文法整理系の参考書に移ることができるようになります。

短所

初学者向けに作られているため、どうしても「これ一冊でOK」と断言することは難しいです。演習問題の量も少ないため、あくまでも「次のレベルへ移動するための足がかり」として使うことになります。

この参考書をオススメするレベル

本格的に受験を意識しだした受験生(高1~2年)におすすめの参考書です。
簡単すぎるという高校生はもう『古文読解』『マーク式基礎問題集』などに移って、文法力を演習してみることをオススメします。

また、この参考書と並行して『マドンナ古文単語』や『読んで見て覚える古文単語315』などの単語帳を併用していくこともおすすめです。この参考書をやっていれば、単語帳に書かれている例文程度ならすぐに構造を理解できるレベルに持っていけます。例文を読みながら単語帳を使えば、①単語が覚えやすくなる、②文法のアウトプットにもなるので効率的です。加えて、同系統の参考書でより実践的な『ステップアップノート30古典文法トレーニング』にステップアップしてもいいと思います。

実際に著者が使っていた時期と成績の推移

高校1年の冬頃~高校2年の春ごろに使い、基礎がためとして重用していました。高校2年秋の模試の古文偏差値は60ほどでした。もちろん他にも問題集や単語帳を併用した上での数値ですが、文法の基礎用ステップアップとしてはとても有為だったと思います。

オススメする勉強法

最初はとにかく「理解する」ことを念頭に、自分の手でノートにまとめてみる作業をするとインプットが早まるのでおすすめです。分量はそこまで多くない分、記載されているものはすべて重要なものなので、理解の漏れが無いように徹底的に学習をすると良いと思います。

おわりに

いかがでしたか。
繰り返しになりますが、古文勉強のための足がかりとしては最良の一冊になると思います。
時間に余裕のある春夏のうちに、ぜひ短時間の仕上げ用に使ってみてください!

関連する記事

この記事のキーワード

この記事のライター

Thumb 99f0b4b0 f708 4255 b33b d3b6d6049fdd

たかみ

慶應義塾大学法学部に在籍している2年生かつ、底辺高校出身、元学校嫌いの意識低い系。自分の経験を踏まえてモチベーション・自己管理などの記事を発信したいと思います。また、家庭教師・個別指導のアルバイト経験を活かして受験勉強に関する情報も発信できたらと思います。

カテゴリー 一覧