「経済」「経営」「商」本当に学びたい学部は違う?わかりにくい三学部を解明!

「経済」「経営」「商」本当に学びたい学部は違う?わかりにくい三学部を解明!

学部選びで、「結局、経済学部って何?」「雰囲気は一緒じゃない?」なんて思っている人は多いはずです。しかし、入学してみると意外と違うのがこの三学部なんです!現役、経営学部生がこの三つをわかりやすく解明していきたいと思います。

はじめに

こんにちは、現役横国経営学部3年生です。私自身、高校時代は「経営」「経済」「商」の違いはあまり把握していませんでした。しかし、入ってみると全然違うのです!
私は入った学部が学びたいことと一致していたので良かったのですが、周りに「なんか違う」と言っている人もチラホラ・・・。
そんな後悔をしないために、「経済」「経営」「商」を詳しく見ていきたいと思います。

大学別学部設置の違い

東京大学   経済学部
一橋大学   経済学部   商学部
京都大学   経済学部
早稲田大学  政治経済学部 商学部
慶應義塾大学 経済学部   商学部

経済、商学部を有している大学では上記のような大学があります。

そして、経営学部は・・・
立教大学、 青山学院大学、法政大学、横浜国立大学などが有しています。

やはり一番メジャーなのは経済学部でしょう、次に商学部、経営学部となっています。

「経済・経営」「経済・商」の両立はありますが、「商・経営」はないですね、
その理由はおいおいわかると思います。

じゃあ、経済学部では何を学ぶの?

私の大学では、経済学部で学ぶ内容として

マクロ経済学(国民、国の市場全体の経済の流れ)
ミクロ経済学(個人の消費、家計などの経済の流れ)
の2つを基に世界レベルの経済、国の政策による経済の変化などを学びます。
その中で生じる福祉の問題や高齢社会の問題なども経済学の対象としています。

これを踏まえた上で、東京大学の経済学部の勉強内容を例に見てみると・・・
マクロ経済学
ミクロ経済学
金融政策
◯◯経済(農業だったり、工業だったり)
国際金融・経済

などの授業名が並びます。これらは、経済に関する理論を学ぶものです。さらに、現代社会の問題(高齢社会とかに引き起こされるようなもの)を考えていったりもします。例えば、女性の社会進出に際して、保育所の足りないことがありますよね、これにより働けない女性が増え経済効果がダウンしているという問題を考えたりします。プラスして、簿記や統計などを学ぶところが多いようです。

こうやってみると
やはり、ネット上で多く言われている通り、経済学部は「理論」を学ぶ場というのが大きいと思います。

商学部では??

一橋の商学部を例に見てみると・・
経営戦略論
マーケティング・コミュニケーション
◯◯管理論(財務、労務など)
マクロ・ミクロ金融論

など授業が並んでいます。

(一橋の)商学部では、「経営学」「会計学」「マーケティング」「金融」の4つの領域を学んでおり・・・

「経営学」の分野では、個々の企業活動を通し、経営について考えてゆきます。
「会計学」の分野では、財務諸表などを基に経済活動において、どの数値に着目すればよいかなどを学んでいます。
「マーケティング」では、顧客の情報を集め、ニーズを読み取ったり作り出すことを研究しています。
「金融」では、為替など世の中のお金について考えています。ここはいわゆる経済学に通じている部分でしょう。

経済学と比べると、「実践的」になっているのが商学部の特徴です。
ちなみに上記の一橋の例ですが、早稲田大学の商学部もほぼ同様の領域で展開しており、商学部のスタンダードですね。

じゃあ、経営学部は??

私の大学では、経営学部で学ぶ内容として

企業一つ一つをピックアップして経営手法(M&Aや協働のあり方など)を見たり、
リーダーシップとは何か?と行動原理について学んだり、反対に消費者の行動について学んだり、と経営の方法と企業の形態について学ぶことが多いです。

授業内容としても、(横浜国立大参照)
組織間関係論
マーケティング戦略論
原価会計論
ビジネス・エコノミクスなど


ここまでみると、商学部とほとんど変わりないことがわかると思います。
強いて言うなら、経営者としての在り方(どのように人を動かすかなど心理的な面)を学べるというのは経営学部ならでは、かもしれません。
また、商学部よりも「金融」面が少なくなり、「経営学」「会計学」「マーケティング」の部分が多くなったと思ってもらえればよいと思います。

就職に差は出る??

「経済」「経営」「商」の3つで就職に明確な差は出ません。
なぜかというと、学んだ内容の根底はほぼ全部一緒であり、「理論的」か「実践的」かという差にとどまるからです。
実際の就職者を見ても、「この業界は◯◯学部の人が多い!!」なんていうことはほとんどありませんでした。

それよりも、大学のネームバリューの部分の方(学歴フィルターの方)が大きいと思います。就職まで考えるなら、同じ経済学部に入るならより良いところをどんどん目指していった方が良いと思います。

最終的に選ぶには??

理論を学びたいなら「経済」、実践したいなら「商」「経営」だと思います。これに限ると思います。また、東京大学の経済学部では「経営学科」を展開しています。内容も、「商」「経営」の部分に挙げたものと同じです。
それだったら、同じ国立でも、横浜国立大学の経営学部じゃなくて一橋大学の商学部、東京大学の経済学部経営学科目指した方が良いですよね。
経済学部だけ設置しているところでは(商学部、経営学部がない大学では)、東京大学のように学科として経営・商系の学科を設けているところもあります。上智大学もです。

上のように書きましたが
自分が研究したいものがあるところに進学するのが一番だと思います。
将来の自分がどうなっているか、を思い描きながら、より高みを目指して勉強していってもらえたらと思います。

関連する記事

この記事のキーワード

この記事のライター

カテゴリー 一覧