上智理系・理科大・MARCH理系…どれがおすすめ?私立理系大を比較・分析する

上智理系・理科大・MARCH理系…どれがおすすめ?私立理系大を比較・分析する

「MARCH理系、上智理系、東京理科大ならどこが良いの?」私立理系大学にまつわる、このような疑問を少しでも解消しましょう。上記大学に加え、早慶理系をまとめて、科目や偏差値、学費、就職データなどを比較・分析し、各学力層ごとにオススメな大学を調べてみました。

はじめに

「MARCH理系、上智理系、東京理科大ならどこが良いの?」私立理系大を志望あるいは受験予定の人でこのような疑問を持つ人は多いと思います。今回は、MARCH理系、上智理系、東京理科大に加え、早慶理系をまとめて比較・分析します。入試難易度や就職データもまとめてあるので、私立理系大を志望している人はぜひ参考に。

センター利用もできる!主な私立理系大学一覧と入試科目

私立理系の設置学部数を比較する

まず、理系が受験できる主な学部について確認しておきたいと思います。一般的に理系の学部として、理学部・工学部・農学部の3学部が考えられます。大学によっては、理学部と工学部を一緒にした「理工学部」や、学科内容に特化した「デザイン工学部」などもあります。また、大学によって理系学部の数も異なります。明治は理工・農・総合数理の3学部、青山学院は理工の1学部のみです。学部名や学部の数が大学によって異なっていることが多いので、学部の数ごとに大学をまとめてみました。

【理系学部が1つのみの大学】
・青山学院(理工)
・立教(理)
・中央(理工)
・上智(理工)
・慶應(理工)

【理系学部が3つある大学】
・明治(理工・農・総合数理)
・早稲田(先進理工・創造理工・基幹理工)

【理系学部が4つある大学】
・法政 (理工・生命科学・デザイン工・情報科学)
・東京理科(理・工・理工・基礎工)

都内の有名私大を見てみると、理系学部が1つだけの大学が最多でした。また、最も学部数が多い大学でも4学部しか設置していないことが分かります。このことからわかるように、文系に比べて理系が受験可能な学部は少ないことが分かります。

また、理系学部と一括りにしても、勉強する内容は「学科」によって千差万別です。「自分はどのような研究/勉強がやりたいんだろう?」と悩んでいる学生向けに、慶応大学理工学部を例に学科(学門)の比較を行った記事がありますので、是非読んでみてください。

私立理系の入試制度を比較する

次に、私立理系大学の入試制度を見ていきましょう。大きく分けて2つあります。各大学が個別に試験をする一般入試、センター試験の点数のみで主に合否が決まるセンター利用入試の2つです。この2つの入試制度が私立理系大でどのように採用されているのかを見ていきましょう。

【一般入試、センター利用入試を両方採用している大学(6校)】
明治、青山学院、立教、中央、法政、東京理科

【一般入試のみの大学(3校)】
上智、早稲田、慶應

入試制度の採用状況を見ると、MARCH理系と理科大が一般入試+センター利用入試を実施しています。一方、早慶上智は一般入試のみのようで、国立理系を第一志望に据える受験生にとっては、センター利用の出来ない上記3校は負担になる側面もあります。

私立理系の受験科目を比較する

次に入試科目について見ていきましょう。

私立理系大の入試科目は主に英語、数学、理科の3教科です。
しかし、3科目と言っても学部によっては、数学はⅠA/ⅡBまで、ⅠA/ⅡB/Ⅲまで必要かの違いや、理科が1科目のみか2科目かの違い、さらには生物では受験不可の大学や学部がある等々の違いがあります。
また、センター利用入試では英語、数学、理科に加えて、国語や社会が必要な場合もあります。

以上のことに注意して、入試制度と入試科目を『大学名(学部):入試科目』という形で、大学学部ごとにまとめました。(なお、航空系で実技試験あり等の特殊な入試は除外)

【明治大学理系・一般入試】
(理工/総合数理):ⅠA/ⅡB/Ⅲ、物理・化学・生物から1科目(※1)、英語
(農):ⅠA/ⅡB、物理・化学・生物から1科目、英語

【青山学院大理系・一般入試】
(理工):ⅠA/ⅡB/Ⅲ、物理・化学から1科目(※1)、英語

【立教大理系・一般入試】
(一般・理工):ⅠA/ⅡB/Ⅲ、物理・化学・生物から1科目(※1)、英語

【中央大理系・一般入試】
(理工):ⅠA/ⅡB/Ⅲ、物理・化学・生物から1科目(※1)、英語

【法政大理系・一般入試】
(T日程・理工/デザイン工/情報科学):ⅠA/ⅡB/Ⅲ、英語
(T日程・生命科学):ⅠA/ⅡB、英語
(A日程・理工):ⅠA/ⅡB/Ⅲ、物理・化学から1科目、英語
(A日程・生命科学):ⅠA/ⅡB or ⅠA/ⅡB/Ⅲ(学科によって異なる)、物理・化学・生物から1科目、英語
(A日程・デザイン工):ⅠⅠA/ⅡB or ⅠA/ⅡB/Ⅲ(学科によって異なる)、物理・化学から1科目、英語
(A日程・情報科学):ⅠA/ⅡB/Ⅲ、物理、英語
*法政大学入試では、T日程が『学部統一入試』、A日程が『学部別入試』という形になります。

【上智大理系・一般入試】
(理工):ⅠA/ⅡB/Ⅲ、物理・化学・生物から1科目、英語

【東京理科大・一般入試】
(理/工):ⅠA/ⅡB/Ⅲ、物理・化学から1科目、英語
(理工/基礎工):ⅠA/ⅡB/Ⅲ、物理・化学・生物から1科目(※1)、英語

【早稲田大理系・一般入試】
(先進理工):ⅠA/ⅡB/Ⅲ、物理・化学・生物から2科目(※1)、英語
(創造理工):ⅠA/ⅡB/Ⅲ、物理、化学、英語
(基幹理工):ⅠA/ⅡB/Ⅲ、物理・化学・生物から2科目(※1)、英語

【慶應義塾大理系・一般入試】
(理工):ⅠA/ⅡB/Ⅲ、物理、化学、英語

【センター利用入試が可能な私立理系大】
明治(センター・理工/農/総合数理):ⅠA/ⅡB、物理・化学・生物・地学から1科目、英語、国語(現代文のみ/全部/現代文または古文のみ)
青山学院(センター・理工):ⅠA/ⅡB、物理・化学・生物・地学から1科目(※1)、英語
立教(センター3教科・理):ⅠA/ⅡB、物理・化学・生物・地学から1科目(※1)、英語
立教(センター4教科・理):ⅠA/ⅡB、物理・化学・生物・地学から1科目(※1)、英語、国語(現
代文のみ)
中央(センター併願・理工):英語 + 数学と理科の個別試験(理科は※1)
中央(センター単独・理工):ⅠA/ⅡB、物理・化学・生物・地学から選択(※1、※2)、英語、国語(現代文のみ)
法政(センターB方式・理工):ⅠA/ⅡB、物理・化学から1科目、英語
法政(センターB方式・生命科学):ⅠA/ⅡB、物理・化学・生物から1科目、英語
法政(センターB方式・デザイン工):ⅠA/ⅡB、物理・化学・生物・地学から1科目(※1)、英語
法政(センターB方式・情報科学):ⅠA/ⅡB、物理、英語
法政(センターC方式・理工/生命科学/デザイン工/情報科学):ⅠA/ⅡB、物理・化学・生物・地学から1科目、英語、国語、地歴公民から1科目
東京理科(センターA方式・理/工/理工/基礎工):ⅠA/ⅡB、物理・化学・生物・地学から1科目、英語、国語
東京理科(センターC方式・理/工/理工/基礎工):英語、国語 + 数学と理科(物理・化学・生物から1科目)の個別試験

※1:学科によって地学や化学が選べない等、範囲が異なるので注意
※2:学科によって1科目か2科目か異なる

このように一覧にしてわかるように、大学や学部によって色々と異なっていることが分かります。
さらに、学部内でも学科によって異なるところもあるので、より複雑です。
ですので、自分の受験科目に合った、あるいは行きたい大学を個人で詳細に調べてみてもいいかもしれませんね。

私立理系大学の偏差値ランキング

次に各大学学部の偏差値を見ていきましょう。学科によって偏差値にバラツキがありますが、偏差値の高い大学学部順にランキングにしてみました。

順位:大学名(学部)偏差値

1位 :早稲田(先進理工)62.5〜65.0
    早稲田(基幹理工)
    慶應(理工)   
3位 :早稲田(創造理工)62.5
4位 :明治(農)    57.5〜62.5
    立教(理)    
    上智(理工)   
    東京理科(理)  
8位 :東京理科(工)  57.5〜60.0
9位 :明治(理工)   55.0〜62.5
10位:中央(理工)   55.0〜60.0
11位:明治(総合数理) 55.0〜57.5
    法政(生命科学) 
    法政(デザイン工)
    東京理科(基礎工)
15位:東京理科(理工) 52.5〜60.0
16位:青山学院(理工) 52.5〜57.5
17位:法政(理工)   52.5〜55.0
18位:法政(情報科学) 52.5

ランキングを見ると、やはり早慶が上位で頭一つ抜けています。
その次には、明治、立教、上智、東京理科が並ぶ形になっています。
一方で、ランキング下位には青山学院、法政がいます。

また、同じ大学でも学部によって難易度が全く異なっていることも見て取れます。例えば東京理科は、理学部が最も難しく偏差値57.5〜62.5であるのに対して、理工学部が偏差値52.5〜60.0とかなり異なっています。

意外と安い?主要私立理系大学・大学院の学費ランキング

次に各大学の学費をみていきましょう。学部学科ごとに多少の違いはあるのですが、修士課程(大学院2年)まで進学すると仮定して、学部と大学院までの合計として学費の高い大学順にランキングにしてみました。ちなみに、大学4年生で卒業すると仮定した場合でもほとんどランキングは同じです。

順位:大学名(学費合計)
1位:早稲田  (900万)
2位:青山学院 (885万)
3位:中央   (865万)
4位:慶應義塾 (855万)
5位:上智   (850万)
6位:明治   (835万)
7位:立教   (830万)
8位:法政   (800万)
9位:東京理科 (690万)

ランキングを見ると、早稲田が900万円でトップ、次に青山学院が885万円となっています。
最も学費が安いのは東京理科で、早稲田と比べると210万円も安い690万円となっています。
また、早慶で50万円の差、MARCH理系の青山学院と法政で85万円の差が生まれています。

このようにランキングにしてみると、東京理科の学費の安さが際立って見えます。

さすがの理系!就職データの比較

各大学の就職データを見ていく前に、理系就職のパターンを確認しましょう。
他の記事でも触れられていますが、理系での就職には、主に2つのパターンがあります。
①学部卒で就職する場合
②修士卒で就職する場合
の2つです。

学部卒だと商社・銀行・保険会社総合職や、コンサルタントといった文系就職、
修士卒だとメーカーなど、自分の専門を活かした理系就職が多いです。
学部卒で理系就職する場合もありますが、あまり割合的には大きくありません。

また、そもそも大学・学部・学科によって修士まで進学する比率が異なります。

大まかな比率は、学部卒:修士卒として、
(MARCH理系)7:3、
(上智理系)5:5、
(東京理科)4:6
(早慶理系)3:7
とった感じです。偏差値が高い大学の方が院進学率は高くなるようです。

以上のことを踏まえて、各大学の就職に関する結論を言うと、
『修士卒が多い順』、つまり、以下の序列で良くなっていきます。

MARCH理系 < 上智 ≒ 東京理科 < 早慶

やはり修士卒ともなると高い専門性が得られ、メーカー等の理系就職がしやすくなるために、
就職状況も良くなっていると考えられます。
また、偏差値の高い大学だとブランド力もあるので、それも作用していると考えられます。

更に、MARCH理系を細かく分けると、以下のような序列になります。

法政 ≒ 立教 < 青山学院 ≒ 中央 < 明治

理由としては、明治はMARCH理系の中で最も偏差値が高いことが影響してトップ、同様の理由で偏差値が低い法政が下位にいます。また、立教は理学部だけしかなく、理学部というのは数学科や物理科などの純粋に学問を探求する学部なので、就職のしにくさがあります。そのため、下位に位置しています。

各学力層でオススメの私立理系大は?

学費ランキングと就職データを基に、各偏差値ごとにオススメの私立理系大を紹介していきます。

【偏差値 62.5〜】
早慶以上に合格する実力がある人は、やはり早稲田(先進理工・基幹理工・創造理工)、慶應義塾(理工)をオススメします。
就職データで他の大学を圧倒しているので、あまり理由もいらないでしょう。

【偏差値 57.5〜62.5】
早慶に合格することは少し難しいかなという人は、上智(理工)、東京理科(理・工・理工・基礎工)をオススメします。
上智は、『早慶上智』という呼び名があるようにネームバリューがあり、就職面で有利に働きます。
東京理科は、学費の面で圧倒的な安さを誇り、就職データからみてもコスパが抜群に良いです。
ですので、上智か東京理科どちらかを選ぶかは、立地や男女比率などもあるので、個人の好みによると思います。
多くの人が思い描くような華やかなキャンパスライフを望む人は上智、ゲームやアニメが好きで少し女の子が苦手みたいな人は東京理科が良いのではないかと思います。

【偏差値 〜57.5】
MARCH理系には合格できるかなという人は、東京理科(理工・基礎工)をオススメします。
東京理科の理工と基礎工は、偏差値的に易しく、MARCH理系と同じレベルです。
そうした場合に、学費の安さ、就職データどちらの面から見ても、東京理科の理工と基礎工を選ぶのが賢明だと思います。

まとめ

ここまでの内容を簡単にまとめます。
・早慶は理科2科目、早慶以外は理科1科目必要。
・早慶上智は一般入試のみ、早慶上智以外は一般入試とセンター利用入試。
・偏差値ランキングは早慶がトップ、青山学院や法政などのMARCH勢が下位にいる。
・ただし同じ大学でも学部によって偏差値は大きく変わる(東京理科など)。
・学費ランキングは早稲田が900万円でトップ。東京理科が690万円と抜き出て安い。
・就職は早慶が最も良く、次に上智・東京理科が位置している。その下にMARCH理系がいる。
・オススメの私立理系大は、学力によって異なるが、早慶、上智・東京理科である。

ここまでMARCH理系、上智理系、東京理科大、早慶理系を比較・分析してきました。
学力ごとにオススメの大学を紹介しましたが、各大学ごとに様々な違いがあるため、皆さんが置かれている状況(居住場所、経済状況、学力、得意科目など)を総合的に見て、どの大学が自分にあっているのか考えることが大事だと思います。さらに、オープンキャンパスやその大学に進学した先輩に話を聞いてみるなどして、数字以外の雰囲気などを肌で感じてみることも大事でしょう。ぜひこの機会に自分が受ける大学学部について肌感含めて、詳しく調べてみることをオススメします!

関連する記事

この記事のキーワード

この記事のライター

Thumb e967bf21 ae1a 4dd2 a5ea 092cc204f5c3

se-ya

東京工業大学大学院修士2年です。最適化や統計学といったことを勉強しています。映像授業の予備校で4年間チューターとして高校生に受験指導してきました。その時の経験から、勉強の仕方や受験校選び、モチベーション管理など広くお伝えできればと思います。少しでも参考になることがあれば幸いです。

カテゴリー 一覧