塾ラブって本当にあるの?塾・予備校での恋愛事情

塾ラブって本当にあるの?塾・予備校での恋愛事情

予備校や塾に通うと、新しい知り合いができます。高校は全然違うけど仲良くなることも多いです。どんどん仲良くなっていくと友達ではなく、恋人に発展することもあるとかないとか。そんな塾や予備校での恋愛事情、塾ラブについてまとめてみました。

予備校や塾に通うと、新しい知り合いができます。志望校が一緒だったり、同じ授業を取っていたり、自習室でよく会うなど様々なきっかけをもとに、仲良くなることも多いです。どんどん仲良くなっていくと友達ではなく、恋人に発展することもあるとかないとか。そんな塾や予備校での恋愛事情、塾ラブについてまとめてみました。

塾ラブとは

そもそも塾ラブって何?という感じかもしれないのでここで定義しておきます。読んで字のごとく「予備校や塾で出会った人と恋愛する」ということです。それをここでは塾ラブと呼ぶことにしています。この塾ラブについて以下まとめた記事になっています。勉強の息抜きで読んでもらえればと思います。

塾ラブは「全然ある」

さっそく本題に入りますが、塾ラブがあるかないかの結論を先に述べると「全然ある」って感じです。ただ、塾ラブが多いかと言われればそうでもないという感じです。
やはり、予備校や塾は勉強をする場所なので、恋愛にうつつを抜かしている場合じゃないというのが現実です。とは言っても、大学受験という同じ目標に向かって頑張っているとどことなく気になってくることもあります。特に、男子校や女子校の学生は同学年の異性と接することも少ないので、こういった学校外のコミュニティは恋愛という観点からみると大事なのかもしれません。私はある予備校でチューターとして4年間働いていましたが、その時の感覚値として大体100人のうち3,4組はカップルがいたような気がします。
また、どの予備校や塾でも禁止ですが、大学生スタッフと高校生が恋人同士になることも聞いたことがあります。これは男子大学生と女子高生の組み合わせしか聞いたことがありません。そのような関係性が予備校や塾にバレると、当然スタッフはクビ、生徒も罰則などはないと思いますが、本人が居づらさを感じて予備校や塾を辞めてしまうなど2人とも良いことが1つもありません。ですので、大学生と高校生の恋愛はやめましょう。恋愛するなら、高校生が大学生になってからでも遅くはないはずです。
最後少し話がズレましたが、塾ラブは全然あります。でも、ここまで記事を読んだ人の中には「いやいやいや。予備校とかで仲良くなるとかなくないか?そんなことあるのかよ。自分が行ってるとこはないよ。」と感じている人もいるはずです。そこで、次節では塾ラブが起こりやすい/起こりにくい予備校・塾ってどんなとこかをまとめています。

どんな塾・予備校で塾ラブは起こりやすいの?

塾ラブが起こりやすい塾・予備校とそうじゃない塾・予備校があります。その違いについてまとめたいと思います。両者の最も大きな違いとしては「学生同士の距離感の近さ」が挙げられます。
学生同士の距離感が近いのは小規模予備校や塾です。小さいだけあって、学生同士が勉強の情報交換をしたり、お互いに切磋琢磨することも多いです。そうすると、ちょっとした空き時間に息抜き程度で雑談したり、帰る時間がたまたま重なって一緒に帰るなんてこともちらほら出てくるはずです。これらが塾ラブに上手く発展する/しないは人によって異なりますが、このような機会が増えるのは小規模ならではの避けづらい事実かなと思います。
一方、学生同士の距離感が遠いのは大手予備校です。大手予備校だと授業が一緒でも1度も話したことのない人がいるのはざらだと思います。しかも生徒同士が話すような空気感ではない校舎もあります。そうすると、生徒同士の距離も遠く、塾ラブが起こる確率は自然と低くなりやすいと考えられます。ただし、大手予備校によっては予備校側が生徒同士の切磋琢磨を目的とした小さなコミュニティを作っている場合があるので、そこ起点に見知らぬ学生と仲良くなるということはあり得るでしょう。しかし、このような小さなコミュニティを予備校側が作っているというのはあまり一般的ではない気がするので、基本的には塾ラブは起こりづらいです。
以上のことから、塾ラブが起こりやすいのは小規模予備校や塾ではないかと思います。

でもそもそも受験期に恋愛とかして良いの?

ここまで、塾ラブはあり得るし、どのような予備校や塾で起こりやすいかも述べました。ただ、そもそも勉強に来ている場所で恋愛して良いのかという不安や疑問が湧いてきます。それに関することはここまであえて一言も述べていません。その1つの答えに関しては、tuteeの過去記事にまとめてあるので、ご覧ください。

まとめ

塾ラブとは何かからはじまり、本当にあるのか、どんな塾・予備校で起こりやすいのか、でもそもそもそんなことして良いのか、ということをまとめてきました。塾・予備校でも出会いがあるのは事実です。それが実る実らないは置いておいて、それをモチベーションにして塾・予備校にたくさん通って、講義を受けたり、自習室で勉強することで成績が上がっていけばとても意味のあるものになってくると思います。

関連する記事

この記事のキーワード

この記事のライター

Thumb e967bf21 ae1a 4dd2 a5ea 092cc204f5c3

se-ya

東京工業大学大学院修士2年です。最適化や統計学といったことを勉強しています。映像授業の予備校で4年間チューターとして高校生に受験指導してきました。その時の経験から、勉強の仕方や受験校選び、モチベーション管理など広くお伝えできればと思います。少しでも参考になることがあれば幸いです。

カテゴリー 一覧