早稲田大学(政治経済学部)合格体験記 - 9 -

早稲田大学(政治経済学部)合格体験記 - 9 -

愛知県立千種高等学校から一年浪人して早稲田大学政治経済学部にで合格した学生の合格体験記です。高校1年生から高校3年生までの勉強時間や使っていた参考書、勉強方法などについて聞いています。志望している方、受験を検討している方は参考にしてみてください。

基本情報

通われている大学学部を教えてください。

早稲田大学政治経済学部

現在の学年を教えてください。

学部3年

通っていた高校を教えてください。

下位(70%~90%)

高校での学内での成績を教えてください。

下位(70%~90%)

現役もしくは浪人かお答えください。

一浪

通っている大学は第1志望ですか?第1志望群ですか?滑り止めですか?

第一志望

受験校、受験校についてお答えください。

第一志望の大学:早稲田大学政治経済学部
第一志望群の数:1校
滑り止めの数:2校
センター利用の数:1校
合格した数:5校
実際に合格した大学学部:早稲田大学政治経済学部/上智大学経済学部/明治大学政治経済学部/明治大学商学部/明治大学経営学部

高校3年になるまでの学校外での勉強時間について教えてください。

高校1年時:1時間
高校2年時:1時間

高校3年になるまでの平日の流れを教えてください

7時起床 9時登校 15時部活 18時部活終了 19時帰宅 24時就寝

高校3年になるまでの模試の判定について教えてください。

・高校1年時
なし
・高校2年時
早稲田大学政治経済学部/E判定 明治大学商学部/E判定 明治大学政治経済学部/E判定

高校3年時の勉強時間を時期別で教えてください。

夏休みまで:5時間
夏休み:8時間
夏休み以降:4時間

高校3年時の平日の流れを教えてください。

7時起床 9時登校 15時部活 18時部活終了 19時予備校登校 22時帰宅 24時就寝

高校3年時の模試の判定を時期別で教えてください。

・夏休みまで
早稲田大学政治経済学部/E判定 明治大学商学部/D判定 明治大学政治経済学部/D判定 立命館大学経済学部/C判定 
・夏休み
早稲田大学政治経済学部/E判定 明治大学商学部/D判定 明治大学政治経済学部/D判定 立命館大学経済学部/C判定
・夏休み以降
早稲田大学政治経済学部/D判定 明治大学商学部/C判定 明治大学政治経済学部/C判定 立命館大学経済学部/B判定

第一志望校を決めた時期を教えてください。

高校2年夏休み後

受験校を決めた時期を教えてください。

高校3年夏休み後

センター試験の点数を教えてください。

英語175点/リスニング45点/国語160点/日本史88点

受験した方はセンター試験1年前の点数を教えてください。

英語155点/リスニング36点/国語142点/日本史76点

過去問の実施数を教えてください。

第一志望全教科10年分、滑り止め全教科5年分

使っていた予備校を教えてください

河合塾, 秀英予備校

受験勉強体験談

使っていた英語の参考書を教えてください。

英単語ターゲットシリーズ, 英語問題精構シリーズ, やっておきたい長文シリーズ, NEXT STAGE

使っていた現代文の参考書を教えてください。(複数回答可)

読解現代文問題集

使っていた古文・漢文の参考書を教えてください。(複数回答可)

古文単語マドンナ

使っていた社会の参考書を教えてください。

山川 日本史一問一答, 山川 日本史用語集

英語の勉強法の工夫を教えてください。

単語:英単語ターゲット1900の単語を完璧に覚えた。10ページ毎などで自分で区切ってまず一通り覚え、その区切った分をまず2、3周する。パッと出てこなかった単語をチェックし、次にその単語のみを暗記し、全ての単語の意味が瞬時に出るようにする。その後区切った部分の単語をもう一度全体的に確認していき、全て覚えられていたら、次の10ページへ移る。その方法で覚えていき、50ページほど覚えたらもう一度1ページから確認していき、1〜50ページの単語を完璧にする。この調子で最後のページまで覚えていく。覚える単語帳は1冊でよい。何冊もやると微妙に日本語訳が違っていたりして混乱するからだ。ただし、その1冊を完璧に覚える。 文法:NEXT STAGEを完璧にする。単語帳同様、間違えた問題にチェックし、全問正解できるまで行う。文法は、なぜそうなるのか理解することが必要不可欠なので、腑に落ちないことがあったらわかるまで講師に質問すること。参考書の答えを暗記しても入試では役に立たない。 構文:構文は単語と同じように暗記すればよい。たくさんの長文を読むことで何度も同じ構文を目にするようになり、慣れることで文章の流れをつかむこともできる。 長文:長文はすばやく正確に意味を理解していくことが必要。自分で日本語訳できないところは、品詞分解をして、納得するまで考える。解き方のコツなどにこだわるよりも、たくさんの長文を解いてたくさんの文章を読むことが大切。

国語の科目別勉強法の工夫を教えてください。

現代文:たくさんの文章を読んで、慣れることが重要。文章の構造を理解しながら読んでいくと、筆者の主張したいことなども理解しやすい。文章においてどの部分が解答の根拠になるのかをしっかり考えることを毎回行っていくことで正答率があがっていく。 古文:まずは単語帳を一冊暗記する。英語の長文同様、スラスラと読めるようになるため、単語の暗記や品詞分解をまず行えるようにする。また、古文を読むにあたって重要なのが敬語を理解することである。敬語によって誰の動作なのか特定することがよく問われるため、主語が誰なのかを意識しながら読むことが重要

社会の科目別勉強法の工夫を教えてください。

日本史:ただ単語を暗記するのではなく、流れの中で単語を覚えていくことが重要。問題集を解くときに、穴埋めの前後の部分だけを読むのではなく、問題文の頭から丁寧に読んでいくことで、流れもつかむことが出来る。むろん、試験本番など、時間が限られている時は前後だけでわかれば余分なところは読まなくてよい。覚えられない単語だけをまとめた単語帳を作るとよい。毎日読むことで徐々に覚えられる。覚えた内容から消していく。また、新たに覚えられない単語が出てきた時には書き込んでいくという形でとにかく1つずつ潰していくイメージ。セットになる単語はゴロにして覚えた。個人的には参考書に載っているようなゴロはイマイチ覚えづらかったので、オリジナルのゴロを作って、これも単語帳に書き込んで何度も見て覚えた。

高校1、2年生の時の勉強の仕方を教えてください。

【高校1年時】部活動中心の生活であったため、自主的な学習はほとんど行えていない。できるなら最低限英単語帳や古語単語帳だけでもやっておけばよかったと思う。 【高校2年時】冬まではほとんど自主的な学習は行なっていない。12月以降に、予備校に通い始めた。最初は英単語を覚えることから始めた。すべての教科を基礎からやり始めた。それまで受験勉強にまったく手を付けていなかったため、毎日自習室の閉館まで残って勉強した。英語:単語を覚えることが最優先。文法は並行して行なったが、このときは長文にはあまり力を入れなかった。基礎ができていないうちから無理して長文を読もうとしても読めるわけもなく、時間の浪費になるからだ。 現代文:聞きなれない単語などは、辞書で意味を調べて、難しい文章への理解を深めた。たくさんの文章を読んで、慣れることが重要であると考え、問題を解くことよりもたくさんの文章を読むことに注力した。 古文:2年時は、単語と品詞分解に力を入れた。英語同様、無理をして文章を読もうと思っても時間の浪費になる。まずは基礎を作ることが重要。 日本史:学校で習っている内容は無視して、自分のペースで古代から学習を始めた。教科書を読み、問題集を解くということの繰り返し、覚えられない単語は自作の単語帳へ書き込み、次に進む。時折単語帳を見返して忘れないようにする。

志望校の決め方について教えてください。

私立文系に絞っていたため、その中で頂点にある早稲田大学政治経済学部を目指した。頂点と言えば早稲田か慶應という話になるが、私の場合は、慶應よりも早稲田の方が志望度が高かったため、慶應のためだけに必要な小論文の勉強は行わず、受験もしていない。小論文の勉強には多くの時間がかかり、他の科目への影響を考えると、よほど慶應にこだわらない限りは、早稲田を選ぶことが合理的であると考える。滑り止めは、上智1学部、明治3学部で関関同立は受けていない。過去問の正答率から考えて、明治には受かる自信があったからだ。模試の判定よりも、赤本を解いた正答率で判断した方がよい。

学校、部活や塾の両立について教えてください。

両立は行なっていない。部活動を行なっている時は、学校の勉強も受験勉強もほとんどできていない。そのかわり、部活動をやめた後は、受験勉強だけに全力を注いだ。個人的には、高校で教わる授業のレベルは、志望校に合格するためには不十分であると考えていたため、できる限り手を抜いた。授業中も内職することが多く、自分の勉強に力を入れた。数学や理科など、受験科目でないものに関しては、赤点ギリギリのラインを取っていた。不真面目と思われるかもしれないが、非効率的なことは徹底的に排除するというのが自分のやり方だった。

第一志望校の受験会場の雰囲気について教えてください。

特に変わったところはない。受験会場の雰囲気は、自分の気の持ちようで印象が変わるもの。自分の場合は、「みんな頭良さそうに見えるけど、この中で半分以上は落ちるんだ」とか、考えて冷静さを保っていた。

受験勉強中の息抜きの方法について教えてください。

「朝は誰よりも早く自習室に入り、誰よりも遅く自習室を出る。」ということを心に決めていたため、その代わりに、家に帰ってからはほとんど勉強はせず、夕飯を食べながら録画したバラエティ番組を見ていた。

関連する記事

この記事のキーワード

この記事のライター

Thumb a9345ddb 37c3 4f76 8eb3 0229ab647b8d

Tutee 編集部

受験勉強に関するあらゆる情報をオープンにすることで、公正公平な受験競争に貢献したいと考えています。進学校や有名予備校だけが知っている情報や勉強方法、モチベーション管理などの方法についてオープンにしていければと思っています。

カテゴリー 一覧