時代遅れなのにハイレベル!漢気溢れる単語帳 『英単語2001(河合出版)』のススメ

時代遅れなのにハイレベル!漢気溢れる単語帳 『英単語2001(河合出版)』のススメ

世の中に単語帳は多々あれど、「ただ単語を覚える」だけの"昔ながら"な単語帳は姿を消しつつあります。河合塾が出版する『英単語2001』は、その中でも特に『硬派』な単語帳。評判や使い方についてお伝えしたいと思います。

はじめに

「英単語帳」の今と昔

「今の単語帳は凄く便利で覚えやすいね。昔は"単語を読むだけ"の単語帳ばっかりだったよ。」
――学校の先生や親、予備校の先生でこんなことを言う人は少なくありません。

言われてみれば、確かにそう言えるかもしれません。
昔の単語帳をペラリとめくってみると「単語をめっちゃ羅列してやるから、ひたすら単語だけを覚えろ」系のスタンスが目立ちますが、その一方で今の英単語帳は非常に出来がよく『覚えやすさ』にステータスを全振りしたようなものが目立ちます。

いくつか例を挙げてみましょう。
・ミニマル・フレーズ(超短文)で覚える『システム英単語』
・実際の入試長文を読解しで覚える『速読英単語』
・頻出語を1文×560本にまとめた『DUO 3.0』
など、枚挙に暇がありません。

実際、これらの単語帳は受験業界で知らない人はいないほどのベストセラーとして、書店の学習参考書コーナーに君臨しています。事実、これらの単語帳を使って旧帝大・一橋・東工大・早慶などの難関大に合格した学生は数知れません。(余談ですが、上記3冊のうち『システム英単語』は、冒頭で「"昔ながら"の単語羅列系の英単語帳」を"無味乾燥すぎる!"とdisっています……しかし、それでも「圧倒的な受験生からの支持」というバリューがある分「確かにな」と思ってしまいがちですよね。)

昔ながらの硬派な単語帳、『英単語2001』のすすめ

それでも、筆者は思うのです。
「"昔ながら"の単語帳だって、いいものだよ」と。

確かに『シス単』や『即単』は例文や長文を駆使しながら、さまざまな情報とリンクさせて覚えることができるため「万人にとって使いやすい」かもしれません。

しかし、暗記作業で重要なのは「自分にあった覚え方」を探すこと。
その意味で、「単語羅列系」の英単語帳を使って単純な暗記作業を繰り返すのが得意な人もいるはずです。
特に、今日は紹介する『英単語2001』は、昔ながらの「単語羅列系」スタイルなのに単語のレベルは現代的なものを押さえており、特に巻末にある『ゴール/スーパーハイレベル』セクションの英単語は早慶レベルで時折出してくる「やばすぎる単語」もカバーしています。今日はそんな『英単語2001』の特徴を紹介したいと思います。

この参考書の特徴

構成について

『英単語2001』の構成はいたってシンプルで、漢気溢れる『見開き両面 すべて英単語』です。

セクション割は、
①スタートの単語 625語 
:高校生・受験生なら覚えておきたい単語(=『シス単』section 1レベル)
②ダッシュの単語 646語
:センター+中堅私大頻出の単語(=『シス単』section 2-3レベル)
③リードの単語 507語
:中堅~難関大で合否を分ける重要単語(=『シス単』section 3-4レベル)
④ゴールの単語 223語 
:難関大~最難関大で差がつく、難度の高い単語(『シス単』section 4+速単上級編)
⑤スーパーハイレベルの単語
:最難関大で、安全を期すために覚えておきたい激ムズ単語(速単上級編+英検準1~1級レベルの単語を100語ほど)

要するに「単語ばっかり覚えさせられるけれども、語彙レベルはかなり高い」単語帳だと言えるでしょう。

ちなみに、実物はこんな感じです。
The 昔ながらの単語帳、といった塩梅です。
『英単語2001』では、加えて「受験頻出の多義語」についても見開き単語リスト化されています。
単語帳としての情報量・パワーは、主流のものと比べても遜色ない強さを持っていると言えます。

 

評判について

そんな『英単語2001』ですが、実際の評判はどうなのでしょうか?
試しにamazonレビューを見てみると、★4.5という圧倒的高評価を得ていますね。
これまで述べてきたように、「使いやすさ」はそこまでではないものの、わかりやすい体裁とレベルの高さが「硬派」「シンプル」「the 単語帳」といったフレーズで褒められています。

「わたし、どちらかというと単純に暗記したほうが得意かも…」という学生にはこれをオススメしたいですね。

この参考書の長所・短所・使い方

長所

上に述べたように、「単語帳1冊あたりの情報の多さ、レベルの高さ」では既存の単語帳の中でも上位に位置するものだと思います。『システム英単語』では「無味乾燥」だとdisられるタイプの単語帳ですが、適合する人にはかなりハマるのではないでしょうか。

短所

長所にも通じることですが、「単語のみを羅列している」ことによる無味乾燥さはやはりありますので、「暗記がつらい」と感じやすいタイプの学生がむやみに手を出すと泣きを見るかもしれません。

使い方

使い方としては『見開きページを読んで暗記をする』だけです。
暗記の手段として単語を書く、音読するなどの手段を使いながら暗記効率を高めていくと良いかと思います。

この単語帳をやり始める場合、
①基礎から最後まで『英単語2001』を使い続ける方法
②他の英単語帳を使いつつ、語彙力強化の為にゴール・スーパーハイレベルの単語だけをやる方法
の二つがあると思います。筆者は②の使い方をしましたが、実際に早慶の入試本番で『スーパーハイレベル』でやった単語が問題として出てきました。早慶・京大などの「難しい単語がたくさんの文章を読ませる」大学を受験したい場合は、②の方法がオススメです。

おわりに

いかがでしたか。
『英単語2001』はシンプルな構成ゆえに、学生を選ぶ単語帳でもあります。
しかしレベルもその分高くやればやるほど実力をつけてくれるでしょう。
書店では『河合出版』のブースにあることが多いです。もし見つけたら、手に取って読んでみてはどうでしょうか。

関連する記事

この記事のキーワード

この記事のライター

Thumb 99f0b4b0 f708 4255 b33b d3b6d6049fdd

たかみ

慶應義塾大学法学部に在籍している2年生かつ、底辺高校出身、元学校嫌いの意識低い系。自分の経験を踏まえてモチベーション・自己管理などの記事を発信したいと思います。また、家庭教師・個別指導のアルバイト経験を活かして受験勉強に関する情報も発信できたらと思います。

カテゴリー 一覧