学費・生活費を全額奨学金でまかない大学進学した場合の返済について

学費・生活費を全額奨学金でまかない大学進学した場合の返済について

「お金がないから私立にはいけない」という言葉を親から聞かされたことはないでしょうか。私自身の実家も裕福な家庭だったわけではないので、大学時代は仕送り0で学費および生活費を全額借金で、4年間の合計で700万円ほど借金をしましたので、その経験をお伝えしたいと思います。

「お金がないから私立は諦めてほしい」と親に言われて泣く泣く第一志望の受験を諦めかけてしまっている人もいるのではないでしょうか?私自身も家が裕福というよりは貧乏よりで、しかも実家が東京圏ではないために東京の大学に進学するには一人暮らしの必要がありました。

親には仕送りするほどの余裕がなかったために、親と話し合い、学費および生活費の全額を育英会の奨学金と銀行の学費ローンを借りて親元を離れて慶應義塾大学に進学することにしました。今回は、お金がなくて進学を諦めている学生や進学に不安を覚えている学生向けに、実際に全額借金でまかなうと卒業後、どの程度の負担があるのかについて説明したいと思います。

多くの奨学金は返済義務のある借金である

昨今は奨学金の返済が問題になっており、全国で33万人の奨学金滞納者がいるという報道がされています。NHKでも特集が組まれるなど奨学金による苦労や、奨学金の返済が滞ってしまったため、信用情報機関のいわゆるブラックリストに載ってしまった結果、住宅ローンが組めないといった問題が出てくるなど社会的に関心の高い問題となっています。

「奨学金」という言葉から、返済の必要がないのかと勘違いしたり、返済に対する認識が甘いままに借りてしまい、卒業後の返済に苦労するパターンが多いようです。現在、「奨学金」の主流は返済の際に利子が必要な有利子タイプの奨学金であり、元本だけでなく利子の返済が必要な「借金」だということを認識する必要があるでしょう。

奨学金・学生ローンの種類

給付型奨学金

給付型奨学金はその名の通り、給付される奨学金であり、返済の必要がありません。様々な団体や基金が給付型奨学金を運営していますが、給付を受けるためには多くの応募者から選抜される必要があるなど、間口が広いものではありません。

無利子型の奨学金

日本学生支援機構でいうところの第一種奨学金が無利子の奨学金になります。無利子のため、返済には利子が必要なく元本部分の返済を行えばOKというものです。無利子のため、有利子の奨学金よりも受ける場合には高いハードルが設けられており、収入所得の上限および高校時もしくは大学時の成績が求められます。

有利子型の奨学金

日本学生支援機構でいうところの第二種奨学金が有利子の奨学金になります。有利子の奨学金ですが、一応所得制限が設けられており、親の所得が一定以上の場合は審査に通らないことがあります。有利子といっても上限が3%と決められており、いわゆるサラ金の金利が15~18%であることを考えると低利で借りることができます。一方で3%と低利に見えても大きな金額を長い期間借りると、大きな利子を払うことになります。

銀行・ノンバンクによる学費ローン

銀行やノンバンクが提供している無担保の教育ローンがこれにあたります。大抵の大学で金融機関と提携して学費ローンを学部生、大学院生向けに提供しています。民間の金融機関が提供しているローンのため、どうしても日本学生支援機構が提供している奨学金よりも金利が高くなりがちです。2015年12月現在では、日本学生支援機構の変動金利が0.6%程度と1%を大きく下回るのに対して、三井住友銀行提供の教育ローンは無担保型で3.5%程度となっています。

また返済期間も日本学生支援機構が最長20年以内であるのに対し、銀行の教育ローンでは10年以内であることが多いようです。

私自身が実際に借りた金額と社会人になってからの返済金額

私自身は慶應義塾大学が提携しているみずほ銀行の教育ローン約300万円(4年間の学費)と、日本学生支援機構第二種の奨学金を約400万円の合計700万円を借りました。学費については丸々4年分を借りて、日本学生支援機構の奨学金については、日々の生活費の足しにして、足りない部分をアルバイトで補うという大学生活でした。この借金があったおかげで、実家の経済状況の割には普通の貧乏大学生として生活できていました。飲み会にもいけば、ランチを友人と食べたりたまに旅行するぐらいの普通の大学生活を送ることができました。

それでは実際にどれだけ返済していたのかについて、簡単にシミュレーションしたいと思います。

第二種奨学金借り入れ条件

借入金学:400万円
金利:0.6%
返済期間:20年

上記の条件とすると、利子も含めた総返済額は425万円、月々の返済金額は約18,000円になります。私が借りたものももう少し安い金額を毎月返済していました。

銀行ローンの借入条件

借入金学:300万円
金利:3.5%
返済期間:10年

上記の条件とすると、利子も含めた総返済額は356万円、月々の返済金額は約30,000円になります。私が借りた銀行提携ローンも同じような形で、慶應との提携だったためかもう少しやすく大体28000円程度の返済をしていました。

上記のローンはどちらも入社するまで元本部分の返済と利子部分の免除をしてくれたため、実際に返済が開始したのは入社後でした。幸い、新卒社員でもある程度の給与が出て残業代がつく会社だったため返済はそこまで大変だと感じませんでした。また寮のある会社だったため、家賃がだいぶ安く抑えることが出来たために救われた部分も大きいと思います。

ちなみに毎月のキャッシュフローはこんな感じでした。

手取り給料:30万円ぐらい(残業代込み)
奨学金返済:約▲5万円
貯蓄:▲6万円
寮費:▲1万円

寮でだいぶ救われましたが、給与が上がったタイミングで退寮してしまったため、給与アップを体感できなかったという過去がありますが、返済を踏まえても満足のいく生活ができていたように思います。

奨学金問題について

奨学金問題については様々な角度から議論されています。日本の大学教育費用は高すぎるからもっと国が補助して安くするべきだ、日本学生支援機構はもっと返済の必要性について学生に周知徹底すべきだといった学生に対して優しい意見もあります。一方で、借りたお金を返すのは当たり前、アルバイトで稼いで極力借金を減らすべきなど、学生に厳しい意見もあります。

それによって国の政策が変わることもあるためこのような議論は活発にされるべきだと思う一方で、社会が変わるにはかなりの時間がかかります。現実問題として今借りるか、借りないか判断しなければならない時にはそういった議論よりも、実際にどれだけ返済しなければいけないのかといった実例の方が役に立つのではないかと思い、この記事を書きました。

私自身は借金とはいえ、奨学金のおかげで、借りなければ進学できなかった大学に進学することができ、大学に進学したおかげで、人気のあると言われる企業にも就職することが出来ました。もちろんその時々の経済環境など運にも恵まれたこともあり、全てが自分の努力のおかげだというつもりはありません。

僕は合格発表と親から経済的に厳しく奨学金を借りてもらうという話を聞いた時から、かなりの金額を借金してでもいま慶應義塾大学に進学することが、地元の地方大学に進学するよりもいい未来が開けそうだと思って、ある種の覚悟を持って奨学金を借りることを決めました。

現状では、奨学金は上記の通り、安くない金額の返済が必要になります。その金額の返済は自分自身でしなければならないという覚悟を持った上で奨学金を借りるべきかどうか考えてほしいと思います。

この記事のキーワード

この記事のライター

Thumb 40419369 9045 4059 bbe8 3bd436846142

happytarou0228

慶應法学部卒業、卒業後は総合商社の伊藤忠商事に勤務。その後大学生のための就職活動情報サイトunistyleを運営するUnistyle株式会社を創業。高校時代から将来を考えた大学学部選びをしてほしいと思って記事を書こうと思っています。

カテゴリー 一覧