世界史に穴を残さない!現役早大生による「山川 世界史用語集」のススメ

世界史に穴を残さない!現役早大生による「山川 世界史用語集」のススメ

早稲田大学文学部の2年生です。世界史といえばやっぱり暗記。知識があればあるほど、解けない問題も書けない記述も無くなります。そんな世界史においてオススメの用語集レビューです。合わせて、現役時代の勉強方法、成績の推移も載せていますのでぜひ参考にしてください。

こんにちは。早大文学部2年生です。
本日紹介するのは、私が世界史の勉強をする上で大変助けられ、今でも助けられている「山川 世界史用語集」です。

この参考書の特徴

「山川 世界史用語集」の最大の特徴はその圧倒的な情報量です。この世界史用語集は、受験勉強のための参考書ではないので入試に出てくる頻度関係なく、あらゆる用語とその解説が載っています。用語、その用語解説がひたすらに羅列されています。

この参考書の長所・短所

長所

上記の通り、他の参考書や単語帳には見られない情報量がこの用語集の最大の強みです。世界史の学習の上で、辞書として使えるほどの情報量です。また、新課程に対応すべく改訂が行われたので近現代史も網羅しています。また、用語解説の中で出てきた別用語が何ペーシに載っているかも()で書かれているので、関連単語もどんどん覚えることができます。

短所

ある程度、時代や地域ごとに分類されていますが用語が羅列されているだけです、そのため歴史の本筋に深く関わっていない用語などが載っており、この一冊で世界史を一から学びきるのは難しいです。あくまでも、参考書や単語帳の辞書代わりに使うことをお勧めします。

この参考書をオススメするレベル

世界史を学ぶ受験生全員にオススメできます。また、扱っている用語の量はとても多いので、「世界史一問一答」などの何か単語帳を一冊仕上げた方、志望校の世界史のレベルが高い方(慶應志望者など)にはよりオススメです。

実際に著者が使っていた時期と成績の推移

私自身の使っていた時期、成績の推移を示しておきます。参考書を選ぶときの参考にしてください。

時期

私が世界史を本格的に勉強し始めた高3の秋から、12月頭までは辞書代わりとして使いました。ある程度単語を頭に入れた12月以降は、用語集単体で細かい用語を覚えていきました。

成績の推移

《使用前》
高校3年8月 東進 センター試験模試 36点
《使用後》
高校3年1月 センター試験本番    84点

上記の通り、何か別の参考書や単語帳と併用することをオススメします。

この参考書を使ったおすすめの勉強法

「東進ブックス 世界史1問1答」と併用して、辞書として使っていました。またセンターや私大の過去問で引っかかった用語を調べるときにも使っていました。用語によっては1問1答よりも細かく解説してあるので、知識を深める際にも使っていました。また、1問1答を一冊仕上げた後は、辞書としてではなく用語集単体で知識を増やすために使いました。授業や資料集で得た情報は、用語集に直接書き込み、受験当日も何度も見返していました。

最後に

いかがでしたか?
世界史は用語を覚えれば覚えるほど、関連した用語を覚える助けにもなりますし、詳細な流れも見えてきます。
本レビューなどを参考にして、店頭で手にとって、自分にぴったりな用語集を是非見つけてください。

関連する記事

この記事のキーワード

この記事のライター

Thumb 4aac65a1 3e1b 47bf 8328 6dfb870fa1a5

HayaSick

早稲田大学文学部の2年生。 偏差値54の公立高校卒。 センター英語50点スタートで一年で早稲田受かりました。 「大学受験で一発逆転したい!」そんな方のお力になれると思います。 また、予備校での指導経験あります。 どんな奴が一発逆転できるのか、もしくは出来ずに挫けてしまうのか そんなことを皆さんにお伝えできればと思います。 根性論大好きです。 人生において、なかなか頑張れる機会は多くないと思います。 頑張ろうと思っても、頑張る舞台がなければ人間頑張りにくいものです。 受験はそんな数少ない「頑張る舞台」です。 人生をかけた最高の青春だと思います。 一緒にがんばりましょう

カテゴリー 一覧